【毎日更新中】インスタグラムはじめました!サクッと読めるビジネス知識を発信中!

【男性必見!】30代で営業以外で転職先を探すとしたら何がいい?

お知らせ

本ページはプロモーションが含まれています。

30代になり転職を考え、営業以外で求人チェックしている人はチャンスです。

恐らくネットで求人情報収集する方が多いと思いますが、問題解決には至りません。

僕も一度、営業職から転職し福祉業界へ入社した過去があります。僕の経験で言えるのは、上手く転職活動しなければ必ず失敗します。

30代の転職にはコツがあります。これは間違いありません。

僕も本当に沢山経験してきたので、失敗を避けるためにも経験をシェアしたいと思います!

目次

世間は営業以外の仕事を探す30代にどんな反応を示すか?

僕は30代で転職した際にネガティブな印象を抱かれると思っていましたが、近年は世間も変化していることが分かりました。

労働に対する価値観が大きく変化しているのです。

次に転職事情について紹介します。

採用に対する企業カルチャーの変化

理由は様々ですが、企業カルチャーも変化しており、求める人材も変化しています。

企業カルチャーの変化
  • 「若手を育てる」から「即戦力」での求人が急増化している
  • 30代もまだまだ伸びしろがある
  • 企業が積極的に30代の求人を受け付けている

企業が人材を育てる文化から転職が当たり前の世の中になり、採用も転職することを前提とした採用を行う企業が増えてきました。

営業経験は市場価値でどれぐらいの評価になる?

転職後の年収は市場価値で決まりますから、自分がどれぐらい価値があるのか知ることはとても大切。

特に30代になると即戦力として求められるケースが多いので、尚更に自分の価値を知っておきたいところです。

単純に考えると、

■営業マンの市場価値

・営業を続けるなら営業経験者・実績を考慮し価値は上がる可能性は高い
・営業以外の職業なら資格、経験等が無ければ市場価値は下がる

ただ自分の市場価値は実際に経歴、経験など自分が関わってきた内容が反映するので、僕個人的には転職エージェントで自分の価値を把握することをおすすめします。

30代での評価はどの業種に転職するかで決まる

◎営業から同じ営業へ転職(メリット)

・年収を下げず転職できる可能性が高い
・経験分野なので即戦力になれる

×営業から他業種へ転職(デメリット)

・年収はまず下がると考えていい
・未経験分野でイメージが湧きにくい

業種によっては数年の経験を積めば営業職よりも高い給与をもらえる可能性も十分あります。

想像通りだと思いますが、営業職から同じ営業だと年収を上げられる可能性は高く、未経験では年収が下がるのは避けられないかもしれません。

営業を辞める理由が人間関係なら違う営業職で探すのもあり

営業でも種類は沢山あります。

営業を一括りとして考えるのではなく、別物として考えてもいいぐらいです。

以下では営業の種類など比較表を書いてみました。

営業の種類と構成の比較表

営業職の種別おすすめ度
法人営業
個人営業
ルート営業
社員構成平均年齢
IT業界20代~30代
不動産40代~50代
人材業界20代~40代

業界によって平均年齢も違い、人のタイプも違います。(企業によっても違います)

多い誤解は「営業職はどれも一緒」と思い込んでしまうことです。

同じも企業によって営業職でも全く違います。

個々の企業カラーはありますが、IT業界では比較的に若い世代が集まりやすく、不動産業界などは中年が集まりやすいなど業界によって求職者にも変化がありますね。

30代で営業以外の転職を見つけるテクニック

では、営業以外ではどの業界がおすすめかです。

個人的には未経験分野よりも営業経験を活かせる場所がいいと思っています。

営業経験も活かせ将来性もある職業なので、今後も可能性が広がる仕事です。

では、順に特徴などを合わせてご紹介します。

マーケティング:「営業経験を活かしマーケットを拡大」

まず一つ目に僕がおすすめするのはマーケティング職です。

若い世代に人気があり、時代的にも需要が増えています。マーケティング職も年々レベルが上がっており、求められるスキルも高くなっています。

営業経験者がマーケティング業界への転職が多い理由としてセールス業への関わりです。

商品を提供するというゴールは同じですが、アプローチが違うだけですからね。

マーケティング系の職業はビズリーチなど強いと思いますので、お話だけでもいいのではいでしょうか。

人事:「会社を左右する重要業務」

2つ目のおすすめは人事です。

営業から最も転職者が多いのが人事職です。

営業企画:「営業から即戦力として期待される」

営業企画は営業からの転職で人気の高い職種です。

仕事内容はどうやって自社商品を効率よく販売するための戦略担当です。マーケティング的思考も必要であり、計画立案なども行いますのでスキルアップはとてつもないほど伸びます。

営業スキルに自信があり、成績を残してきた人はエントリーもありだと思います。

営業以外の仕事へ転職する際の注意点

最も気を付けたいのは新たな職場に適応できるか?ってとこです。

30代での転職は昔ほどは安易になったものの、企業サイドは20代とは違った角度から見てきます。

入社したのはいいものの「イメージと違った」と感じた場合でもすぐに転職は難しいでしょう。

僕の経験ではありますが、転職のポイントとしての注意点があります。

年収は満足できる金額になっているか?

まず一つ目は年収が自分の満足する金額になっているか?が大切です。

その場の勢いで「年収が下がってもいいから好きなことをやりたい!」と決意してしまったのはいいものの、自分のイメージとズレてしまうケースもあるはずです。

そんな場合、年収が下がってしまうとダブルパンチ状態です。

同僚にはどのような人がいるのか?

一緒に働く同僚は何よりも大切です。

男女比率、年齢構成など詳しく知れると不安はグッと緩和されます。

30代では社会では若い世代なので、同世代と一緒に働くことはとても大切だと感じます。

30代は営業職以外でも慎重に沢山チャレンジしよう!

自分の人生なので自分の意志で決めることが大切だとは思います。

でも「転職したい!」「新しいことへチャレンジしたい!」と感じているのであれば、本日紹介した方法で仕事を探してみてください。

自分が求めていた仕事を探すことができると思いますし、見つかると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

34歳。繊細営業マン。営業6年目。

自身の繊細さを嫌っていたが、自分との向き合い方のコツを理解し、営業成績が飛躍的に伸びる。飛び込み営業から人脈形成まで100社以上へアプローチしてきました。

後輩の育成から誰でも営業スキルを爆発的に上げる方法を考案し、ブログにて発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次