【毎日更新中】インスタグラムはじめました!サクッと読めるビジネス知識を発信中!

データサイエンティストが人気な理由

超デジタル時代の到来に伴い企業がますます大量のデータを生成し、そのデータから得られる洞察はビジネスにとって非常に重要です。

アメリカではデータサイエンティストは年々増加しており、年収は平均1400万円前後と言われ、その存在感は増す一方です。

流れは日本にも訪れ20代、30代前半などポテンシャルの高い人材は自身の可能性を広げるためにも、需要が高い資格の一つになっています。

また高いためか、国からの制度も充実しており最大70%の受講料が国から支援されます。

本記事では、そんなデータサイエンティストに内容を紹介します。

目次

若者を中心にデータサイエンティストの需要が急拡大している

30代でも中盤にもなると、家庭を築いていたり、会社でもそこそこのポジションになったりと新たなチャレンジをすることにハードルの高さを感じてしまいます。

そんな中で10代後半、20代のポテンシャルの高い人材はデータサイエンティスト系の資格を取り30代での可能性を広げています。

データサイエンティストが人気な理由

IT系の仕事は20代の若い世代にはとても人気な職種です。

その上、近年はビックデータを用いた戦略の重要性が格段に上がっています。

AIの出現でChatGPTなど大幅に働き方に変化が起こっています。その上でビックデータを活用した顧客行動や事業展開に活かすことが出来るようになります。

どんな事業を展開するにしてもビックデータを活用した戦略は外せないポジションになるので、人気の理由とも言えます。

アメリカでは人気の職業になっている

データサイエンティストはアメリカで最高の職業の一つとしての地位を確立しています。

年収中央値も約1200万円と高額で、データサイエンティストがいかに重要な職務であるかが年収に反映しています。(参考記事:https://www.sbbit.jp/article/cont1/36050

「統計学が今後10年で最もセクシーな職業である」と言われており、早くからデータ分析の専門家に注目が集まっていたようです。

日本ではデータサイエンティストは足りていない!

半面で日本ではまだまだデータサイエンティストは不足しています。推定3万人~5万人と言われており海外に比べ大きく出遅れています。

ただアメリカの流れはありますので、急速なペースで増加していることは間違いないでしょう。

現に増加傾向にあり、文部科学省が主体となり、未来のデータサイエンティストを育成するためのカリキュラムが大学に広がっているとも言われています。

これから更にどんどんと伸びていきそうな領域ですね。

データサイエンティストは何をする人?

データサイエンティストは大量のデータを分析して、組織や企業を成長させる仕事です。

売上データや顧客の行動データ、ウェブサイトのアクセスログなどを分析することができれば、次なる戦略が的中しやすくなります。

統計学や機械学習の手法を使い分析をする仕事です。

データサイエンティストはプロのデータ分析専門家

統計学や機械学習の手法と言われると難易度が高そうです。

これは実際に難易度が高いと言えます。プログラミング知識や統計学など専門性が高く、一兆一夜には身につかないスキルばかりです。

ただ、この専門性は高い技術であり、一度身につくと何にでも使える万能スキルと言えます。

統計学が最高の学問であるという本がありますが、いかに統計学が今後必須スキルになるのかがリアルに理解できます。

今後はビックデータを操るプロが活躍する

データは膨大で複雑です。

それらを理解して分析し、役立つ情報に変えるのは専門的なスキルが身に付きます。

データサイエンティストはそのスキルを身に着け、データから新しい知見を発見し、問題解決や革新的なアイディアの発見に貢献します。

Apple、Amazon、テック系企業で活躍する

世界企業ではデータサイエンティストは当然のごとく活躍しています。

例えばAppleはiPhoneやMacの利用データやApp Storeの情報を分析して、ユーザーにより良い製品やサービスを提供するための情報を得ています。

Amazonは購入履歴からおすすめ商品を提供し、売り上げを伸ばしています。

企業成長にはデータ分析は欠かせず、重要な役割を担っているのです。

医療や福祉などもデータサイエンティストが活躍する

データサイエンティストは企業の売上を伸ばすだけではなく、医療分野や福祉業界でも活躍しています。

今後は更に活躍するフィールドは広がり、全分野に波及するのではないでしょうか。

患者のデータを分析して病気の早期発見や治療法の最適化

患者の電子カルテや臨床データを解析して、特定の疾患の早期発見や治療の最適化に繋がることも。

患者の傾向やリスクを予測した予防医療などにも。

本当に凄いスキルです。

僕も20代なら間違いなく取っているスキルですね。今からでも概略は勉強しようと思っています。

どうやってデータサイエンティストになるの?

データサイエンティストは専門受講があります。

例えば、未経験から3か月でAI人材になれるをコンセプトにしたアイデミープレミアムなどがあります。

今なら新春スキルアップキャンペーンで最大150,000円OFFになっています。(1月31日まで)

無料オンライン個別相談も実施中です。

公式サイト:AIを学ぶならアイデミープレミアム

今なら国からの補助金が使える

政府はデータサイエンティストの育成に力を入れています。

データサイエンティスト育成講座をReスキル講座に指定したり、データ関連人材育成プログラムを開始したりしています。

アイデミープレミアムも受講料のうち最大で70%の受講料が国から支援されます。

これだけ補助金がでるのは、国が力をいれている人材ということですね。

未経験でも3カ月でAIを使いこなせる人材へ

今回の記事でわデータサイエンティストに集中して記事を書きましたが、 アイデミープレミアムではAIに特化した様々な講座が用意されています。

個別での相談も受けているということなので、話だけでも聞いてみる価値はあると思います。

データサイエンティストは近年最強の武器の1つになる

今回はデータサイエンティストについて紹介しました。

とても難易度の高いスキルではありますが、国から補助が出るほどの求められる人材ということもあり注目するスキルです。

大学生や20代のスキルを身につけたい人にとっては、選択肢の中の一つとして考えるにはとても価値のある資格だと思いますのでぜひ参考にしてみていただければと思います。

未経験からデータサイエンティストになる方法は?

データサイエンティストは幅広い知識を持ち専門性の高い職業であることから、全くの未経験で採用してもらえる求人はなかなか見つかりません。

ただデータサイエンティストになる近道は必ずあると思うので、参考になればと思います。

IT企業で経験を積む

データサイエンティストになるには、先ほど紹介しました幅広い知識が必要になります。

統計学やプログラミングするなど数年は経験を積まなければいけない職業です。

そのためまずは未経験でも就職が可能なプログラミングを軸に仕事をしてit系の経験値を高めることが優先かもしれません。

統計学関係の就職は難易度が高いので、やはりベターな選択はプログラミングの仕事をしながら統計学などを学ぶことです。

Tecgate(テックゲート)など未経験業種からプログラミングへの転職を応援してくれるサービスなどもありますので、話を聞いてみるのもあるかもしれませんね。

ただ先ほど紹介したアイデミープレミアムなどは、三か月でAIのスキルを身につけることができるのでその後の就職についての相談も気軽にできることから人気の理由だと思います。

やはり総合的に考えると学校や短期集中型でスキルを学べる場所を選び転職をするというのがもっとも確実な方法ではないかと思います。

個々それぞれ生活スタイルも違えば働いている業界も違うと思うので、一概には言えませんが皆様に合った生活スタイルで学んでいければいいのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

34歳。繊細営業マン。営業6年目。

自身の繊細さを嫌っていたが、自分との向き合い方のコツを理解し、営業成績が飛躍的に伸びる。飛び込み営業から人脈形成まで100社以上へアプローチしてきました。

後輩の育成から誰でも営業スキルを爆発的に上げる方法を考案し、ブログにて発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次