2022年「営業のおすすめ業界と転職方法を紹介」

「営業職はどれも同じ」と感じている方もいらっしゃると思いますが、本質は同じでも似て異なるものばかりです。

 

僕は大手NTTで営業をしたことがありますし、中小企業での営業経験もあります。同じ営業でも「環境が変わればこれだけ待遇ややりがいが違うのか!」と驚きばかりでした。

 

そんな僕の経験も踏まえ、営業職でも「旬」な営業と「廃っていく業界」は必ず存在します。ただ一色単に同じ営業職と捉えてしまうのは実は非常にもったいないことなんです。

 

年収に関してもNTT同期は年収は1000万円を超えており(成績は優秀)、方や中小企業では500万円前後なんてこともあります。どのような業界を選ぶかは大きな差が生まれることは当然なんです。

 

今回の記事では僕の経験を通して2022年注目の業界と転職方法を紹介していこうと思います。

 

目次

【結論】2022年は「DX業界」か「広告業界」か「不動産業界」の3つ

コロナ禍の影響や今後の将来性などを考慮して総合的に考えてもこの3つの業界が目立ちます。

 

AIに営業がとって変わるという動きは僕も記事で紹介しましたが、商品細部に関しての仕様や説明はどうしても営業マンの需要は生まれます。微妙な価格での交渉や他社との比較など人手を介さないと成立しない業界です。特に単価の高い商材は営業スキルが必要となり身に付くスキルも大幅に増え経験値も増えます。

 

では1つずつ見ていきましょう。

 

1位:DX業界

今世間が最も注目している業界であるDX業界です。

 

DXとは簡潔に伝えるとアナログからデジタル化へ変化していくことです。身近な例で行くとスマホ決済などがDXの一つです。現金を持ち歩くのではなくpaypayなどを活用し決済ができると生活が便利になります。そのデジタル化が世の中の全産業に浸透していく最中が現在です。

 

オンラインでのやりとりになっても、最後はどうしても営業マンの存在が必要になります。DX業界は人で不足で営業マンの需要も高いです。需要は拡大の一方なのでDXは業界に関われることはチャンスと言えます。

 

DX業界の転職方法ですが、僕がおすすめなのは転職エージェントです。

 

DX業界への転職は増加傾向あり!

僕もDX業界には注目しています。転職エージェントにも話を聞いたことがありますが、やはり注目の業界だそうです。しかし、デメリットとしては好きじゃないと大変な業界だとも言っていました。

 

「IT用語など大嫌い!」「カタカナ英語はちんぷんかんぷん!」という方は難しいかもしれません。ただ伸びしろがある業界なので僕は関われるならキャリアに繋がると感じています。

 

以下DX業界への転職のおすすめエージェントです。

 

[st_af id=”4717″]

 

2位:広告業界

2022年現在も広告市場は拡大しています。常に新しい広告が生まれイノベーションが起こる業界です。働いていて刺激的でクリエイティブなスキルが培われます。

 

業務内容は企業の大小にもよりますが、基本は広告主の宣言活動のお手伝いです。

 

広告営業になると顧客と企業の窓口になりスケジュール調整や予算管理や市場調査報告など多岐にわたる業務内容があります。どのような企業に就職するかにもよりますが、あらゆる業界の人と交流が生まれ人脈が幅広くなります。僕も知り合いに広告業界の方がいますが、とにかく顔が広い。人脈が広がるのは今後のキャリアにとっても人生においてもメリットは多いのでおすすめです。

 

以下広告業界への転職おすすめエージェントです。

 

①:doda

同じくdodaです。豊富な求人件数から広告業界での求人数も多数あります。優秀な転職エージェントがそろっていることもありますので、広告業の実態や自分に適した企業の話を聞いてみてもいいかもしれません。

 

広告業界も大企業からベンチャー企業まで幅広く存在しますのでどれを選んだらいいのか分かりにくいでしょう。あらゆる現場を見てきたプロに話を聞くことができれば望みの求人に出会える確率は上がります。

 

公式ページ

 

②:リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界大手の転職エージェントです。求人件数もとても多く転職業界の重鎮的ポジションもあり安心してコミュニケーションがとれます。

 

20代、30代と扱う求人も幅広く絶対に登録しておきたいエージェントです。広告業界にも強く非公開求人も多数ありますので話を聞いてみてる選択は有りです。

 

公式ページ

 

③:パソナキャリア

パソナキャリアにも広告業界の求人は多数です。パソナ独自のキャリアメソッドが存在し「いまいち何をやったらいいのか分からない」と将来に対し希望的観測が出来ない方は特にキャリア相談はおすすめです。

 

公式ページ

 

3位:不動産業界

不動産業界はよくご存じだと思いますが、転職の選択肢としてありだと思います。ただ戸建てやマンションなどはコロナなどをきっかけに景気は回復傾向にはあるものの、まだまだ以前のような状態には戻っていないようです。

 

今後住宅業界はイノベーションを起こし新たな戦略を打ち出すと思います。そんな変革の時代に不動産業界へのチャレンジはもしかすると化けるかもしれませんね。年収も平均よりも高い傾向があります。また不動産営業の最大のメリットは単価が数千万単位のため営業スキルがとてつもなく磨かれます。衣、食、住は必ず生活には切手は切り離せない領域ですからね。

 

ただ僕も話を聞いたことはありますが、やはりIT系の方が将来的に役に立つと判断したので不動産関係は断りました。この辺りはエージェントに相談して分かることだったりするんですよね。

 

不動産専門の転職エージェントもあるのでご紹介します。話だけでも聞く価値はあると思います。

 

①:宅建job

 

宅建jobは不動産業界専門の転職支援サービスです。他の転職エージェントでも不動産会社を紹介してもらえると思いますが、やはり専門の方がより深く業界を理解できます。エージェントの大半が不動産業界経験者であり、内情や知識も深く理解しています。

 

近年は不動産業界もDXを取り入れたり、スマホから内見が出来たりと成長産業の一つです。飛び込み営業などではなく住宅展示場などでプル型集客やマーケティングをと入れていますね。以前のような飛び込み営業などは確実に減っているはずです。

 

公式ページ

 

②:リアルエステートWORKS

 

年収1000万越えの求人もあれば、残業なしなどの求人など幅広く不動産業界に特化した転職エージェントです。こちらの運営会社は「海外へ不動産を持とう」という強力なメッセージを発信している会社で、フットワークが軽い柔軟な発想を持っている企業印象を受けます。

 

不動産業界を知り尽くした転職エージェントなので不動産業界に興味のある方は是非話だけでも聞いてみて下さい。

 

公式ページ

 

営業マンはスキルさえあれば、どこでも稼げる!

今回は編集者Aのおすすめ業界を紹介しました。今回紹介した業界は本当に面白い世界だと思います。特にDXはまだまだ始まったばかりの業界なので伸びしろを想像するだけでもゾクゾクしますね!

 

転職エージェントは話だけでも聞くことも可能なので是非利用できるならどんどん使ってみて下さい。将来のキャリアが見えてくると思います。

 

僕も何度も転職しましたが、最終的に今の職場に満足しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

34歳。繊細営業マン。営業6年目。

自身の繊細さを嫌っていたが、自分との向き合い方のコツを理解し、営業成績が飛躍的に伸びる。飛び込み営業から人脈形成まで100社以上へアプローチしてきました。

後輩の育成から誰でも営業スキルを爆発的に上げる方法を考案し、ブログにて発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次