転職の話

第二新卒の就活は厳しい?いえ、ポイントは就活のやり方です

にゃー子
第二新卒の就活って厳しいの?もうチャンスはないって言われたことがトラウマで...

 

くろ柴
いいえ、第二新卒でもチャンスはいくらでもありますよ!第二新卒専用の就活サイトがあるぐらいですから!

今回の記事では第二新卒の方でも自分にピッタリ合った就活を行う方法を書いていこうと思います!

 

第二新卒の就活は厳しいと言う方は結構いらっしゃいますが、今の時代では第二新卒でも何の問題もなく就職活動は行われています。

 

全く厳しいということなどありません。

 

こちらの記事で得られること

・第二新卒の就活はいくらでもチャンスはある
・第二新卒が就活で最短で結果を出す方法
・第二損卒が就活で気を付けるポイント

 

第二新卒の方を中心に対象とした転職サービスはあります。利用料は無料なので気になる方は目を通してみて下さい。

 

第二新卒の就活は厳しいと言われるが、チャンスはいくらでも存在する

第二新卒の就活に関してネガティブな意見はよく聞きます。

 

「石の上にも三年だ!」などの価値観です。三年続けることに意味がないとは言いませんが、今は変化の激しい時代です。

 

第二新卒者でも社会は受け入れる準備が出来ています。いくらでもチャンスは存在するので、これからの記事で紹介しますね。

 

くろ柴
僕も数々の転職を繰り返したけど、実際に就活すると20代なら高い確率でチャンスをくれる企業は沢山あることが分かるよ。

 

たった一度の就職でベストな職場が見つかる方が不思議

くろ柴
今の時代は就職に対する考え方も大きく変化していますからね。

 

頭のいい経営者は気づいています。一度目の就職でベストな転職先が見つかるはずがないことを。

 

会社の内情も見えず、webサイトなどに掲載されている表面的なことばかりを見ても何も分かりません。自分に合わないと感じたら見切りをつけて次の会社を探すことも一つの選択肢として認められつつあります。

 

今の時代のような転職が当たり前になると、第二新卒の方でも問題なく転職できるようになります。

 

ポイント

おさらいですが、すぐに転職を考えることもネガティブに捉える企業はかなり少なくなっています。

「転職=悪」という時代は過ぎ去っているのですね。

転職相談サービスを使ったけど凄くよかった!検討中の人に分かりやすく解説!

 

誰にでも新卒入社での転職は一度は考えることがある

にゃー子
私もそうだけど、新卒で就職すると一度は退職を考えたことってあるよね。行動に移すかどうかは別だけど。

 

先ほど転職はネガティブなことではないと書きましたが、そこには理由があります。

 

その理由は「誰にでも退職を考えた経験がある」という点です。

 

実に入社をした20代の7割が一度は辞めたいと感じた経験があると回答しています。

 

くろ柴
どんな人も辞めたいと感じた経験がある。だからこそ第二新卒にもチャンスを与えようじゃないかと考えるのは普通のことですよね。

 

新卒入社で退職してしまった場合には長続きしない印象を与えてしまうと考える方もいると思います。しかし退職には様々な理由があるので理由のしっかりした退職ならネガティブな印象にはなりません。

 

第二新卒の転職は自分の意見があると判断されるケースもある

ここまで第二新卒の転職について話してきましたが、ポジティブに捉えるケースもあります。

 

例えば「他にやりたいことが見つかった!」「体験してみて自分に向いているものが判断できた」など就職したことによって得るものがあり、その結果転職に繋がったという流れを作ることで自分の意見があっていいと判断して下さる方もいます。

 

新卒での退職はどうしてもネガティブ要素は否めませんが、仲には「決断力があっていい」と捉える方もいらっしゃいます。

 

だからこそ第二新卒を中心にした転職サイトが多く存在するんですよね。

 

第二新卒が厳しい就活で最短で結果を出す方法

では、本日の本題ですが、第二新卒者が最短、最速で結果を出す方法を紹介したいと思います。

 

くろ柴
最も合理的で早く就職先が決まる方法を紹介するよ!

 

第二新卒がメインの転職サイト、転職エージェントを活用する

第二新卒者がメインの転職サービスを活用することですね。

 

第二新卒者を応援する転職サービス

こちらの3つのサイトは特に第二新卒者をメインにした転職サービスです。

 

その中でも特に人気なウズキャリについて口コミ記事を書いてみましたので、是非参考にしてみて下さい。

 

就活での転職活動は複数個所で行うこと

先ほど3つの転職サービスを紹介しましたが、ポイントは複数の転職サービスを利用することです。

 

同時にサービスを利用するとなると大変ですが、スピード感はでます。

 

また新しい求人情報も獲得できるので、自分に合った転職先が見つかる確率が確実に上がります。

 

第二新卒が就活で気を付けるポイント

では次に第二新卒者が就活で気を付けてほしいポイントを紹介します。

 

これは非常に大切なことで、伝え方を間違えると「すぐ仕事を辞める人」というレッテルを貼られてしまいます。

 

僕も面接ではかなり意識していることなので、参考にしてみて下さい。

 

前社の批判はしない

基本的には前社を批判してはいけません。

 

批判をすると「この人は会社の悪口を平気で言う人」というイメージが植え付けられます。そうなると弊社に「この人を迎え入れて大丈夫か?」と不安を与えてしまうので避けるべきです。

 

もしどうしても伝えなければいけない状況になった時には、柔らかく、間接的に前職退社理由を伝えましょう。

 

くろ柴
「前社の文句を言う人なんているの?」と思われそうですが、意外にいたりするんです。評価は下がってしまいます。会社員生活では周りを批判しないことは非常に大切ですしね。

 

マイナスな転職だと思われないこと

次のポイントは転職を前向きな行動を捉えられるようにしましょう。

 

「仕事が嫌で楽しくなくて辞めた」となると「うちでも同じように辞めるかな?」と思われても仕方ないです。

 

有効な退職理由

  • 就職してみて自分のやりたいことが理解できた
  • 仕事は楽しいが、どうしても上司と合わなかった
  • 先輩にいじめまではいかないが、辛いことがあった

この辺りが無難だと思います。

 

「本当はもっと頑張りたかったけど、上司と合わなかった」というニュアンスがいいです。誰も悪くならない伝え方をすることがポイント。

 

大体の離職理由は給与、人間関係が9割なので、上手く伝える内容を事前に考えましょう。

 

第二新卒者の就活が厳しいと言われるのは昔の話!今は問題なしです!

第二新卒者の就活について記事を書きました。

 

昔は第二新卒者を否定的に見る方も多かったですが、時代は変わっています。

 

厳しいなんて捉え方は完璧に古い考え方ですね。また世の常識も変わっていますし、第二新卒者の方達が楽しく働ける環境を作ることも大切だと思います。

 

今回紹介したサービスも活用してみて下さい。

 




  • この記事を書いた人

くろ柴

くろ柴です。営業マンをしています。営業ノウハウ、転職についてなどについてブログを書いています。

-転職の話

© 2021 営業に嫌われた男のセカンドキャリア Powered by AFFINGER5