【毎日更新中】インスタグラムはじめました!サクッと読めるビジネス知識を発信中!

営業か人事のどっちを選ぶ?タイプ別で分かる自分の適職を紹介

お知らせ

本ページはプロモーションが含まれています。

みなさん、こんにちは!

キャリアに関する大切な選択、特に「営業職」と「人事職」、どちらを選ぶかについてお悩みの方も多いのではないでしょうか?

この記事では、両職種の基本情報から、キャリアパスの選択肢、そして自分に合った職種を見極める方法まで、幅広くご紹介します。

自分の未来をデザインするためのヒントがここにありますよ!

目次

営業職と人事職の基本的な仕事内容

「営業職」と聞いて、皆さんはどんなイメージを持ちますか?

多くの方が、商品やサービスを顧客に提案し、契約を取りつける仕事と考えるでしょう。

営業職の魅力は、成果が直接的に反映される点にあります。数字で成果を示すことができ、達成感や充実感を得られることです。

一方、「人事職」は、

人事職は企業の内部に焦点を当て、採用活動、社員教育、労務管理など、組織全体の人的資源を管理する役割を担います。

人事職の魅力は、組織の成長と直結し、社員一人ひとりのキャリアをサポートすることにあります。

対人関係スキルだけでなく、組織のビジョンと戦略を理解し、それを実行に移す計画力も重要とされます。

営業と人事のキャリア比較

営業職と人事職、それぞれのキャリアを考えるとき、どのような違いがあるのでしょうか?

見てみましょう。

営業職のキャリアと成長機会

営業職のキャリアパスは、多くの場合、成績に基づいて進んでいきます。

初級営業員から始まり、成果を上げることで営業マネージャー、さらには営業部長といった管理職へと昇進していく道があります。

営業職は成果主義が強く、自己実現の機会も多いため、高いモチベーションと能力が求められます。

また、顧客との強固な関係を築くことで、安定した成果を生み出し、長期的なキャリアを築くことができます。

人事職のキャリアパスと専門性

一方、人事職のキャリアパスは、企業の成長や変化に合わせて多岐にわたります。

採用担当からスタートし、人事制度の企画・開発、労務管理、さらには組織開発といった分野での専門性を高めていくことが可能です。

人事職では、社員のキャリア開発を支援し、組織全体のパフォーマンス向上に貢献することが求められます。

そのため、戦略的思考力やコミュニケーション能力が重要となります。

自分の適性やキャリアの目標に応じて、どちらの職種を選ぶかを考えることが重要です。

営業のおすすめ業界

営業はDX系やクリプト系など、お金が大きく流れている成長産業が狙い目です。面白いって意見は多いです。

発展途上の業界を狙うことで、業界に携わるだけでも市場価値は大きく上がります。

営業は基本的に「見込み客を集めて販売する」ことが仕事ですが、どんな業界で働くかで将来は変わります。

おすすめ業界

  • DX
  • AI
  • クリプト系企業(仮想通貨と暗号資産)
  • IOT

不動産、保険、食品、ディーラーなど沢山の業界もありますが、おすすめとしては成長産業ですね。ただ好き嫌いはあるので広く見てもいいですね。

今から営業を選ぶなら、絶対に成長産業を狙うべきです。

成長産業に身を置ければ、一定の知識とスキルが備わるので、今後は横展開の転職も可能になります。

キャリアを築きたい人は触れておくべき業界です。

人事のおすすめ業界

人事は、テクノロジー進化や組織の多様化が進む中で、人的資源の管理と活用の重要性が高まっています。特にHR Techや多様性と包摂(D&I)に力を入れている業界は、将来性が高いですね。

発展途上のこれらの業界に関わることで、人事としての市場価値は大きく上がります。最先端の人事戦略を学び、多様な人材と触れ合うことで、自身の視野を広げることができます。

人事は基本的に「組織と人材の橋渡しをする」ことが仕事ですが、どのような業界で働くかでキャリアの将来が変わります。

おすすめ業界

  • HR Tech
  • ヘルスケア
  • 教育
  • スタートアップ

大手企業や公共セクターなど、伝統的な業界も人事には様々なチャンスがありますが、おすすめとしては革新的なアプローチを取り入れている成長産業ですね。好き嫌いがあるので、広い視点で見ることも大切です。

営業同様に、今から人事を選ぶなら確実に成長産業を狙うべきです。

先進的な人事戦略に触れることで、必要な知識とスキルを身につけ、将来的には様々な業界への転職も視野に入れることができます。

キャリアを築きたい人事専門家は、ぜひこれらの業界に注目してみてください。

キャリア相談が行えるサービス

みなさん、キャリアの悩みや転職を考えているとき、どんな支援があれば心強いと思いますか?

一人で悩むよりも、専門的なアドバイスが受けられる環境があるといいですよね。そんなときは、転職サービスを利用するのがおすすめです!

専門のカウンセラーが一人ひとりのキャリアプランをじっくりと聞き、最適なアドバイスをくれます。

転職サービスを利用することで、自分だけでは見つけられなかった新たなキャリアの可能性に出会うことができるかもしれません。

営業のトレンドに強い転職エージェントは積極的に活用しよう

成長産業に強い転職エージェント

特にASSIGN AGENT(アサイン エージェント)は絶対に登録しておきましょう。

ASSIGN AGENT(アサイン エージェント)は求職者の中長期なキャリアプランの相談に乗ってくれます。

求職者へのヒアリングを丁寧に行うことに力をいれているので、自分にどんな才能があり、何ができるのかが明確になるので転職時にとても参考になります。

生まれたばかりのサービスなので、早めに登録するといいですよ。

時間を捨ててはなりません。利用料は無料なので、サクっと登録してアクション起こしましょう。

>>ASSIGN AGENT(アサイン エージェント)

人事のトレンドに強い転職エージェントは積極的に活用しよう

成長産業に強い転職エージェント

特にHRの砦は絶対に登録しておきましょう。

HRの砦は日本では珍しい人事特化の転職エージェントです。

エージェントは人事出身者が多く、実体験を元にしたリアルな声が聞けることが特徴です。まさに人事職を検討している方にはピッタシのサービスです。

利用料は無料です。

>>HRの砦

転職エージェントに相談はせず、こっそり求人だけ見たい向け

転職エージェントに合うのは嫌だけど、転職情報は知りたいという方も多くいます。

そんな方は転職エージェントではなく、転職サイトを使うのがいいです。ハードルも低く、気軽に利用できます。

求人数多数の転職サイト

ASSIGNはおすすめ!

ASSIGNは日本初のAIシュミレーションによるキャリア診断サービスです。

自信のキャリア結果(自分に合った業種、会社が見つかる)がアプリで簡単にできます。

利用料は無料です。

>>ASSIGN

転職エージェントも転職サイトも複数に登録している方もいます。

平均して一人2つ~3つの転職サービスを利用しているので、上手く使うといいですね。

迷う時間はもったいないので、本気で相談しましょう

どっちに就職しようか迷っているとすれば、情報の少なさかもしれません。

「お金を稼ぎたい」「キャリアを積みたい」「会社カルチャーにこだわりたい」など何をやりたいのか明確にしましょう。

すると、どちらに進めばいいのか明確になります。

結局のところは就職しなければいけませんし、自分のイメージも限界があります。

そんな不明確を解決するために転職エージェントは存在しますので、無料ですし、気軽に相談に行ける場所なのでおすすめですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

34歳。繊細営業マン。営業6年目。

自身の繊細さを嫌っていたが、自分との向き合い方のコツを理解し、営業成績が飛躍的に伸びる。飛び込み営業から人脈形成まで100社以上へアプローチしてきました。

後輩の育成から誰でも営業スキルを爆発的に上げる方法を考案し、ブログにて発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次