「営業を辞めて幸せ!」との意見を参考に進路を考えてみる

「営業を辞めた人の意見を聞いてみたい」と思った方へページを作成しました。

僕も営業から転職した一人ですが、辞めた人の意見はとても大切です。

転職時には参考にしたい意見ですよね。

僕は問題の本質は入社した企業の問題と思っていて、理屈が分かれば自分にピッタシな求人も見つけられますので、紹介していこうと思います。

営業を辞めて「よかったこと」と「後悔したこと」についても紹介したいと思います。

目次

営業を辞めて「幸せ組」「後悔組」の意見比較

営業を辞めてよかったと話す意見を見ていこうと思います。

まずは辞めて幸せと感じる意見。

営業を辞めて幸せな意見

営業職は向き不向きが顕著に表れる職業です。

自分に向いていないと感じたら、転職して幸せになったと感じる方が多いです。

営業を辞めて後悔組意見

辞める判断基準はとても難しいですよね。

仕事をしながら隙間時間で自分の将来をイメージしたり、じっくり考えて行動することも大切かもしれません。

自分の好きなこと、やりたいこと、嫌いなこと、やりたくないことなど自己分析ができるといいですね。

ただ営業を辞めることに後悔している人は極端に少なかったです。

「営業を辞めることを甘えている」と感じてしまっている人もいますが、それは違います。

仕事は相性が大切なので、落ち込む必要はありません。

営業を辞めて幸せになるケースは転職に成功した人

こればかりは結果論になってしまいます。

営業を辞めて幸せ感じた人は、結果的に辞めた後が楽しい人ですよね。

転職後に更に状況が悪化すれば、営業の方がよかったなんて結果になるかもしれません。

ただ転職先が事前に理解していれば解決する可能性は高くなります。

営業を辞めて幸せになるケース
  • ノルマが辛い
  • 年収が増える
  • 休みが理想的
  • 交渉、駆け引きから解放された

ノルマから解放された

「営業と言えばノルマ!」それほど皆がストレスを抱えます。

営業が嫌いな人にとってはダブルパンチです。

ノルマが無くても営業は難しいのに、ノルマが迫ってくるとメンタルボロボロになってしまうなんてことも。

ノルマから解放された仕事につくと、ストレスフリー過ぎて戻れないなんて人もいます。

やはり自分が好きなことへ取り組むことがとても大切だと感じられます。

年収が増えた

「営業職だったものの、契約が取れない」なんてこともあると思います。

営業は基本給は安く、インセンティブ制(歩合制)が主流なので、結果として年収が低いケースもあります。

それならば人事や広報に転職して年収を上げる選択をして、経済的にゆとりができたというケースです。

自分の経験を活かし転職をすることは、現代のスタイルにはとてもあっています。

転職することが当たり前の時代に選択肢をたくさん持てるのはチャンスです。

ノルマに怯えず過ごすこともできますよね。

休みの過ごし方が理想的

休みの日にも取引先から連絡があったり、契約の事を考えたりとゆっくり休めない人が多いです。

特に成績が関わることだけにやらされ仕事ではストレス溜まりまくりです。

契約は他人に任せることじゃありませんし、自分で完結しなければいけません。

休みの日も根っから休めないのは無理もありません。

彼女との楽しい時間を過ごしていても、電話一本なってしまうと全てが台無しですよね。

交渉、駆け引きから解放された

営業は商品を魅力的に見せ、内心とは違うコミュニケーションを取ることもあります。

相手のことを思ってやっていた仕事が、いつしか売上を上げるための交渉になっていることもあります。

そんな駆け引きする自分が嫌になり、解放されたいと感じる人は多いです。

これは苦手な人にとっては凄くストレスになりますよね。

他にも営業を辞めたい理由をまとめた記事がありますので、よかったら読んでみてください。

営業を辞めるタイミングはとても大切です。

営業が向いているか、向いていないかの見極めポイントは早ければ早い方がいいです。

「文系は営業しかない」などネット上でも様々な情報がありますが、転職活動しなければ何もわからないのが正直なところです。

営業を辞めるタイミングについて書いた記事がありますので、参考にしてみてください。

営業を辞めても若ければチャンスは沢山あります。

僕は20代の時は数回転職をしました。

自分に向いていない仕事を続けることは、全てを無駄とは言いません。

ですが、自分の経験を振り返っても、

「得意分野を活かす転職こそが成功のカギ」だとわかりました。

仕事が楽しいのは、自分がやりたいことへ夢中で取り組んでいる時です。

充実しますし、自分が成長していることがバシバシ感じれて本当に幸せを感じます。

20代は自分の可能性を活かす場所を見つけることも大切ではないでしょうか。

営業以外でどんな仕事がある?

これから紹介するお仕事は、「営業は向いていないけど、人と関わることが好きな人」な人におすすめな仕事です。

僕は人とコミュニケーションを取ることは嫌いではないので、転職に成功しました。

営業以外で仕事を探すなら「消えない仕事」がおすすめ

僕のおすすめは「人がいらなくなる仕事は避けましょう」ってことです。

AIに取られ無くならない仕事を選ぶことが大切だと思っています。

事務員、銀行、証券、ライター、などはAIによって人がいらなくなると言われていますね。

※ちなみに営業は無くならないと言われてはいます。

営業経験を活かすなら「人事、マーケティング、営業企画」などいいですね。

判断が難しいのは営業が得意だけど、辞めたい人

僕がアドバイスに悩むのは営業が得意だけど辞めたい人です。

これは非常に厄介で将来にも不安が残ります。

営業のジャンルを変えることがおすすめ

営業と言っても幅はとても広いです。

職種や業界によって同じ営業でも全く違います。

給与も年俸制のところもあれば、インセンティブ制など種類は豊富になり、一度見てみてもいいかもしれません。

どんな環境で働いても人間関係が最も大切

身も蓋もありませんが、どれだけ自分がやりたい仕事でも人間関係が悪ければ、また転職してしまうかもしれません。

こればかりは自分がどうしようもありませんので、運の要素もかなりあります。

転職をする際には以下の点を気を付けましょう。

転職エージェントに相談する

転職エージェントでは転職前に様々な情報を教えてくれます。

会社の雰囲気、離職率など転職時に気になることを解消することができる。

だから転職サービスを利用することが大切になってくるんですよね。

勢いで転職をすると、失敗する確率は当然高くなりますので、沢山の話を聞いて自分が納得するして転職するようにしましょう。

まとめ:営業を辞めて幸せになるために慎重に転職活動しよう!

本日は「営業を辞めて幸せ!」について書きました。

総評としては、営業を辞めたいと感じた人は相当なストレスを感じながら働いていたのだと感じます。

自分には合わない仕事だったんですね。

ただ営業を経験したからこそ自分に合わない仕事を見つけられたとも言えます。

楽しく幸せに働くためにも、転職活動は慎重にじっくり行いましょう。

決して、勢いで転職しないようにしましょうね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

34歳。繊細営業マン。営業6年目。

自身の繊細さを嫌っていたが、自分との向き合い方のコツを理解し、営業成績が飛躍的に伸びる。飛び込み営業から人脈形成まで100社以上へアプローチしてきました。

後輩の育成から誰でも営業スキルを爆発的に上げる方法を考案し、ブログにて発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次