著者体験エピソード

人と話すのが苦痛になった僕がジョブポップ思考で人生を好転させた話

2021年6月17日

気になる子
人と話をすることがとにかく苦手で...これからどうしたらいいものか。

 

編集者
どうも、こんにちは!

人と話すことが苦痛になる時ってありますよね。

ですが、コロナ禍を機に人と関わらなくても十分に安定した収入を得ながら働ける環境が整ってきているので紹介したいと思います!

 

こんな悩みを抱えている方に読んでほしい

  • 話すことが苦痛になったしまったが、解決方法を知りたい
  • 解決方法を知りストレスなく働ける環境へ行きたい
  • 人と話さない職業についた人の意見を聞きたい

 

解決策を急いで知りたい方へ

 

「人と話すのが苦痛」は周りに理解されにくい悩み

「自分は人と話をすることが凄く苦手なんです」と伝えても「そっか、大変だね。無理しないでね」と言ってもらえるが別に何が変わるわけでもないんです。

周りに理解されにくい悩みの一つです。

編集者
僕は営業の仕事をしているけど、はじめは本当に苦痛でした。初対面の人など何を話せばいいのか全くわかりませんし、地獄でしかなかったです。

話すのが苦痛になったので、終わりを決めて真剣に働いてみたら好転した話

ちょっと長くなりますが、僕が成長したきっかけなので読んでいただきたいです。

僕が営業を始めた頃の話ですが、ある先輩に目を付けられました。その先輩は周りから煙たがられる存在でした。周囲は先輩を嫌っていましたね。

そんな先輩に僕は目をつけられてしまったのです。

最悪な気分でした。先輩は「おい!営業一緒に出るぞ!」と急に振られ、先輩に同行して営業先にいくことに。

もう本当に無理!もう辞めた!

その先輩は「飛び込み営業(いきなり会社に挨拶に行き関係を作る営業手法)にいくぞ!」と言い、いきなり新規の会社にどんどん挨拶へ行くよう僕に指示をしました。

編集者
営業のいろはも分からない僕からしたら何をしゃべればいいのかも分からないし、どうしたらいいのかとパニック状態になった経験は今でも嫌な記憶として鮮明にある。

あれは本当に辛かった。

営業先へ行き、先輩は僕の後ろに立つ。僕の営業トークに耳を傾けじーっと話を聞く。

僕はしどろもどろになり話を続けるがもちろん話をはまとまらない。会話も盛り上がらずに先輩はフォローもしてくれません。

会社から出ると「お前なんだよ!ちゃんと話す内容を事前に決めてんのか?マジ向いてないぞお前」と。いやいやいや!それなら移動中にアドバイスしろよ!と思いながらもかなり凹みました。

そして僕は退職する道を選んだのです。

繊細な性格の僕がジョブポップになった理由

続きを見る

人と話すことが苦手に。そして働く期間を設定しました。

今の仕事は続けられない。でもすぐに辞めることはしたくない。

そんな時、自分の気持ちを凄く軽くしてくれる考え方を見つけました。それが「ジョブポップ思考」です。

ジョブポップとは?

「ジョブポップ」とは2年~3年ペースで転職を繰り返し、好条件で転職を行う新しいキャリアアップ方法です。

「苦痛だけど、2年、3年で一気に吸収してスキルつけて転職しよう!」と決めました。

終わりが見えると気持ちが楽になる

働く期限を決めておくと、終わりが見えるので楽になります。反対に辛いのは終わりが見えないからです。ゴールも見えない。

それなら逆にゴールを作ってしまえばいいのです。

そしてスキルを身に着けた後に「次は○○業界へいこう」と準備をすればいいのだと分かりました。

嫌な先輩とも関係がいつか終わると分かれば、凄く気持ちが楽になりました。

編集者
不思議なのですが、気持ちが楽になると先輩との関係も上手くいくようになったんですね。やっぱり心の余裕って大切なんだと改めて感じました。

余裕を持つことは選択肢を広げること

人と話すことが苦痛になってしまったとなると、解決方法は選択肢を増やすことをおすすめです。

「A社がダメならB社に行ける」という選択肢があるだけで、気持ちは凄く軽くなりますので。

求人情報を日頃からチェックしていきましょう

日頃から求人情報をチェックしてみて下さい。

僕がおすすめするのは、転職サイト、転職エージェントの活用です。

詳しくは別記事でまとめていますので、気になる方はどうぞ。

時短で転職!おすすめ転職サイトを紹介!

続きを見る

人と話すことが苦痛になる人もいますし、人と話をすることで昔以上に疲れるようになった人もいます。人と話をしていて疲れてしまうのはいくつか原因があります。

僕も自分に当てはまるのでいくつか書いていきますね。

ポイント3つ

  • 人に嫌われることを恐れてしまう
  • 誘われても断ることができない

人に嫌われることを恐れてしまう

人と話していて疲れるのは相手から嫌われることを恐れてしまうことです。

嫌われまいとしてしまい相手に話を合わせ自分の気持ちとは裏腹になってしまうのです。反対に自分の意見を伝えることを恐れなければ、心は軽くなり人と話すストレスから解放されるかもしれないですね。

誘われても断れない

人間関係で疲れてしまう原因は相手のせいで自分の自由が奪われてしまうからこそ起こるストレスです。

自分の想いとは反して行動をしてしまう。会社の上司から「今日飲みに行くぞ!」と言われても「今日は行きたくないな~」と思っていてはストレスが溜まりますよね。

人と話すことが苦痛な人にやってほしい。特に仕事で悩みを抱える人へ。

そんな苦い過去がある僕ですが、営業の仕事で大きなお金を稼ぎたいとの希望をもっていた僕は折れかけそうな心を何とか繋ぎ止めました。

先輩に頼ることなく、自分で話すことの苦手さを克服するために様々な試みをしました。しかし人と話すことが苦痛な性格は早々簡単には治りませんでした。

プライベートで友人と会話をしたりすることは楽しく問題なくできるのですが。

編集者
この解決法に出会った僕は凄くラッキーだった。一生ダメかと思っていたけど、人と話すことが苦手じゃなくなったからね。

解決は簡単!人と話さない仕事につけばあっという間に問題は解決した!

僕は実際にコミュニケーションの悩みを解決しようと様々な解決方法に取り組んできましたが、働く環境を変えることが最短で悩みを解決することに繋がりました。

おさらいすると、

解決方法は以下2つです。

  1. 職場を変えて自分に合った仕事を探す
  2. コミュニケーション能力を身に着ける

①職場を変えて自分に合った仕事を探す

近年はコロナ禍もあり、急速に在宅ワークが進んでいます。

家で完結する仕事が増える中でわざわざごちゃごちゃした人間関係を続ける意味もありません。僕はwebライターの道を選びましたが、在宅ワークは沢山あります。

関連記事で人と関わることが苦手な人向けの仕事をまとめた記事を書きましたので、参考程度にどうぞ。

②コミュトレ!日本初のコミュニケーションを磨くためだけのサービス

自分が驚く自分になろうをコンセプトにコミュニケーションを磨くことに特化したサービスです。

満足度95%と受講者にも評判が高くコミュニケーションに関する悩みを解決するにはおすすめな選択肢の一つです。

 

自分に自信を持ちたいという願望からスタートした気持ちでしたが、想像をはるかに超えるメリットが待っていました。出会いに積極的になるし、仕事の効率化も上がる。

コミュニケーションは人として生まれた以上は避けられない大きな壁ですからね。

反対にコミュニケーションスキルさえ持っていれば将来的な不安はほとんど消えていきます。人との関係が構築できれば大体の仕事やプライベートの悩みは解決しますし。

デメリットは金額の部分です。ちょっと高額なサービスなため躊躇する方も多いのではないでしょうか。約18万円はちょっと高い気もします。

おすすめとしては無料カウンセリング体験(オンライン可)がありますので、試しに応募してみることもありだと思います。

コミュトレ公式サイトはこちらです⇒【コミュトレ無料カウンセリング】あなたの強みと課題をアドバイス

コミュトレを利用したユーザーの口コミを集めてみた!

続きを見る

話の苦痛を乗り越えたら明るい未来が待っている

編集者
僕も色々とコミュニケーションには苦痛さを感じてきたけど、乗り越えたあとは楽しい未来が待っていると約束するよ

話をすることが苦痛になってしまったら解決策は2つに絞られます。

  1. 人と会わない仕事を選ぶ
  2. コミュニケーション術を学ぶ

1.人と会わない仕事を選ぶ

一つ目の解決策はコミュニケーションの克服は考えず人に会話をしなくてもいい業界で働くです。

克服までは傷口のようにどれぐらいで改善されるか分かりません。案外すんなり克服するかもしれませんし、思ったよりも時間がかかるかもしれません。

こればかりはチャレンジしないと分かりませんので、人と会わない仕事を選ぶという選択もありかなと思います。

ちなみに転職やキャリアコンサルタントから無料で転職支援を受けられるサービスがあるので載せておきますね。

総登録者10万人越えが選んだ転職サイトを紹介

続きを見る

2.コミュニケーション術を学ぶ

次に実際に課題を乗り越える選択です。

先ほど書きましたが、克服にはどれだけ時間がかかるか分かりません。3カ月の場合もあれば、1年、3年と。コミュニケーションを心底楽しめるようになるまでは。

しかし乗り越えた後に待っているのは選択肢の広がりです。

僕が克服してよかったと感じるところは、念願だった営業職につけたこと。

営業職は結果主義なので売れたら売れた分だけ収入に変わります。また新たな出会いが日々生まれ人間関係も広がります。そうなると毎日が楽しいんでよね。シンプルに。

【まとめ】話すことが苦痛な場合は解決策を見つけ人生を楽しもう!

今回の記事では会話が苦手な人の克服法を書いてみました。

僕も同じような体験をしていますが、克服した後は人生が大きく変わったように思えます。苦手意識を持つことが不幸なのではなく、苦手意識に気づかないふりをして問題から避けてしまうことが問題です。

是非前向きに悩みと向き合い、その後の人生を楽しみましょう。

 

  • この記事を書いた人

編集者A

34歳。繊細営業マン。営業6年目。 自身の繊細さを嫌っていたが、自分との向き合い方のコツを理解し、営業成績が飛躍的に伸びる。飛び込み営業から人脈形成まで100社以上へアプローチしてきました。 後輩の育成から誰でも営業スキルを爆発的に上げる方法を考案し、ブログにて発信しています。

-著者体験エピソード

© 2022 繊細さんの営業術 Powered by AFFINGER5