転職の話

自分の価値を知っている?想像以上に自分には価値があるかもよ!

2021年9月2日

皆さんは転職をすることを悪だと思っていますか?逃げたことになると思っていますか?

僕はそうは思いません。転職は新しい自分になり成長するための大事な武器の一つだと思っています。

現在勤務しながらも新しい職場を探すことも悪いことでもなく裏切り行為でもないですからね。

にゃー子
確かに転職ってネガティブに捉える意見って多いよね。
くろ柴
そうだね。やっぱり生活がかかる場所だから人によっては捉え方や価値観の違いが出るからね。
  • 転職=裏切り
  • 転職=当然のこと
  • 転職=進化
  • 転職=退化
  • 転職=スタート
  • 転職=敗者

など転職に向けて多様な捉え方が生まれます。

こればかりは価値観なのでそれぞれの捉え方があって当然です。

転職は恋愛に似ている。後悔する人もいるし正解だった人もいる。

にゃー子
なんだかくろ柴がかっこよさそうなこと言いそうね。名言出ちゃう?
くろ柴
ちょっと。からかわないでよ。でも後悔の無い結論に自分で変えることが大切だと思うからね。

転職をして「失敗したな」と感じる人も中にはいるようです。

しかし、これは僕の中で少し残念な言葉でもあります。

というのも、転職とは劣悪な労働条件、環境から抜け出しスキルアップや充実した毎日を過ごすためにやることですからね。

転職後に過去の仕事が良く見えることもある

転職とは恋愛に似ていて「前の彼女がよかった」「今度の彼もいいけど、前の彼氏優しさが忘れられない」など過去の出来事にバイアスがかかり良く見えてしまうこともあります。

仕方のないことですが、僕は大切なことは今いる場所を正解にすることだと思うんです。

にゃー子
くろ柴、いいこと言うじゃない!確かにそう思うよね。
くろ柴
色々な本などにも載っているけど、いつだって隣の芝生は青く見えるという心理状態は続くんだよね。それよりも今いる場所で前向きに働くことも大切だと感じるね。
にゃー子
でも、それでも転職したいって考えることもあるけど。

「転職後に前の会社の方がよかった」「今の会社は合わないかもしれない」と感じてしまうこともあると思います。

それは僕も同意見なのですが、そう感じてからの行動が大切なんですよね。

「いつでも転職できると思っていたけど」現実は違った話

30代に入っても「転職はいつでもできる」と思い込んでいる方がいますが、現実の壁は意外に高いことが分かりました。

転職アンケートをとって見ても色々な答えがあります。

リク子
もっと早めに転職活動すればよかった(28歳女性)

30代に突入すると求められるのは即戦力になります。最近は30代も若い扱いではありますが、20代よりかは厳しめな目で見られがちではありますよね。

30代と言っても31歳と39歳では全く違いますので一概には言えないですけどね。

早いに越したことはないですが、今の時代は30代でもチャンスはゴロゴロ落ちています。

水面下で転職に動く人が勝つ時代になっている

表立って「転職します!」と宣言すると会社としても「次の人材を確保しないといけない」と次なる手を打ち始めます。

募集を始めたり、配置を改めたりと。

そうなると「やっぱり止めた」と言えなくなるし、自分で自分を追い詰めるようになってしまいます。

また同僚にも伝えることは止めた方いいと思う。どこから転職の意向が漏れるか分かりませんし、僕は誰にも話さない方が正しい判断かなと。

にゃー子
確かに噂って物凄いスピードで周りに伝わるからね。

転職を考えている、または求人を見てみたいと感じるのであれば水面下で動きましょう。

そして更に言うと、転職エージェントを使って活動しましょう。理由は自分がどれぐらいの年収が稼げるかが分かるからです。

転職をすると言っても自分がどれだけの需要があるか分からないですよね。

にゃー子
確かに。自分がどれだけの価値があるとか考えたこともなかったな。

今やメジャーリーガーで活躍する大谷選手は日本でプレーすると5億円でもメジャーリーグなら40億円でプレーできるかもしれません。

実際に次の契約更新では数十億円の契約になると言われてます。

これはサラリーマンである僕達でも同じです。

今の会社では年収400万円が会社を変えることで600万円になることもあります。

こればかりは自分の市場価値を知らなければ分からないことです。

常に自分の価値をチェックすることは非常に大切なことなんですね。

にゃー子
なるほどね~。自分の価値かぁ。
くろ柴
そうだね。今の自分を高く契約してくれる会社があるかもしれないし、本当にやりたい仕事が見つかるかもしれない。こればかりは自分が動くことで見えてくることだからね。
にゃー子
ちょっと動い出てみようかな。

転職サービスについては過去の記事にまとめたものがあるので見てみて下さい。

 

\転職サービスを利用した声を載せてるよ/

自分の年収をチェックしたい方はこちら

 

ちなみに僕は年収が400万円→850万円までになったよ

これからは筆者である僕の話を少しさせていただきます。

僕は実際に転職を繰り返し今に至りますが、転職は本当に武器になると思っています。

これからの時代は特に移り変わりの激しい時代ですよね。でも移り変わりが激しいからこそチャンスも逆に生まれているとも言えるんです。

にゃー子
ん?チャンスが生まれる?
くろ柴
気になるよね!実は今は転職市場はどんどん活発化しているんだよ!

僕が転職をしたきっかけはマナー講師からの誉め言葉からだった

僕は現在営業職をしていますが、以前は飲食業でした。給与は少なく、拘束時間もかなり長かったのです。

控えめに言ってかなりきつい職場でした。

ホールとキッチンの両方をやっていた僕は重宝してもらっていました。一人で3人分ほどの仕事をしていたと思います。

ホールが忙しくなると服を着替えホールに出て、キッチンが忙しくなるとコックコートを着てキッチンをする。忙しい時は出たり入ったりをくり返しフル回転で動いていました。

くろ柴
多くの飲食店はホールとキッチンは分かれているからね。確かにそれはしんどいね。

そんなある日ホールに出ると女性から声をかけられました。

「あなた、私の予約の電話に出た人?」と言われ事実だったので「はい、そうです」と答えると「あなた感じがいいから営業しなさい。絶対向いてるから」とアドバイスを下さいました。

その方はアナウンサーの講師をしている方だったそうで僕の事を気に入ってくれました。

僕もアナウンサーの講師をしていると聞いて、ある意味で自身に繋がりその後は転職を検討しました。

しかし自分で営業職と言っても何がなんだかさっぱり分かりません。自力では難しい状況でした。

社会経験もなく知識もないので自力で探して応募していたら恐らく遠回りした結果になっていたと思います。

にゃー子
確かに未経験業種だと一括りに営業と言っても分からないわよね。
くろ柴
そうだね。当時は22歳ぐらいだし何も分からなかったよ。

そして転職サービスに出会い応募する

そこからネットで色々と調べると転職サービスに出会いました。

今ほど転職サービスの種類は沢山ありませんでしたが、自分でいいなと思うものに応募し休日に話を聞きに行きました。

営業について教えてもらったり、どんな種類があるのかを一つ一つ教えてもらいました。

アドバイスをくれた方の顔は今でも覚えています。懇切丁寧な対応で無理強いすることもなく本当に僕を応援してくれている空気が伝わってきました。

転職するか迷いましたが、結局半年後ぐらいに僕は転職をしたのです。

転職サービスのデメリットにも書きましたが、どんな人に出会うかは非常に大切なことですね。

営業職につき収入は約2倍になった

僕はその後、2回転職をし飲食業時代よりも年収は2倍になりました。

営業職に導いてくれた女性には本当に感謝しています。

営業職を勧めているわけではなく、自分に合った仕事を見つけることが出来れば自分の価値はどこまでも上がっていきます。

これは僕の実体験です。

しかし自分に合った仕事を見つけることは一人では難しい。専門のアドバイザーに話を聞くことはおすすめな行動だと僕は思います。

【まとめ】転職はネガティブなことではなく可能性を広げる

にゃー子
くろ柴、今日の記事に満足しているんじゃないの?
くろ柴
あら、バレた。(笑)でも僕の実体験だから自身のある内容だね。きっと転職については迷っている部分もあるだろうから是非チャレンジしてほしいと思う。

転職についてネガティブな意見もあると思いますが、僕はポジティブに考えています。

ただし、慎重にじっくり決めればいいと思いますけどね。

転職サービスは何を選べばいいの?

  • この記事を書いた人

くろ柴

くろ柴です。営業マンをしています。営業ノウハウ、転職についてなどについてブログを書いています。

-転職の話

© 2021 営業に嫌われた男のセカンドキャリア Powered by AFFINGER5