プレゼント企画

ライン@にて「売らない営業術」をプレゼントしています!詳しくはこちらで!

転職の話

高卒って転職は厳しいの?確実に学歴は関係ない社会になっていますよ

悩む人
高卒の転職は厳しいですかね?最近は学歴関係なくチャンスが巡っていると聞きますが。

 

タケヒサ
どうも、キャリアコンサルタントを目指すタケヒサです!

その通り!近年は転職サービスなども充実し、その人にあった最適な転職を受ける環境は整っているよ。高卒でもチャンスは至る所に転がっているね!

 

  • 高卒が転職に厳しい発言は知識不足
  • 高卒だからこそ欲しい企業も沢山ある
  • 具体的に転職するポイントを紹介

 

「高卒で転職するって現実はどう?」令和はチャンスが山ほどあるね!

続きを見る

 

高卒の転職についてネガティブで厳しい発言をする人って結構いますが、僕は気にしなくてもいいんではないかなと思っています。

 

というのも、僕は高卒ですが実際に転職を何度も繰り返し現在に至ります。

 

現在は営業職で年収は850万円ほどです。

 

タケヒサ
大卒資格があれば更に転職先の選択肢は広がったかもですが、高卒の僕でも苦労はしませんでしたよ。

 

高卒が転職を考える上でテーマは非常に大切です。

 

テーマとは「大きな会社で働くことが目的なのか?」それとも「大きな金額を稼ぐ会社に行きたいのか?」についてです。

 

恐らく、多くの方が後者を選ぶと思います。

 

結論は小さな会社でも大きな会社でも収入を最大化し、平均収入よりも大きな金額を稼ぐことが目的なわけです。

 

このような考え方になると転職の観点が大きく変わると思います。

 

高卒が転職で厳しいなどありません。僕は何度も転職しています。

 

僕も高卒ですが「応募資格が大卒以上」以外の求人は全て転職できる可能性があるわけですから、転職が厳しいと考える意味が僕にはあまり理解できないのです。

 

東大、早稲田、慶応など学校名を言われるだけで「うわ~、スゲー!」と思うような大学は別です。これは全く別。

 

この世のほとんどの大学は行っても行かなくても変わらないので、ライバル視する必要もなければ気にすることもありません。

 

では、具体的に高卒の転職について何をすればいいのか書いていこうと思います。

 

「経験はある?」無いなら関連企業を選ぼう

現実的に転職を考えるなら経験をベースに自分を客観視してみましょう。

 

例えば飲食業界で仕事をしたいと考える場合「包丁使える?」と聞かれたらどう答えるでしょうか?

 

恐らく大半の方が「いや、使ったことありません」と答えるはずです。

 

しかし、こう答えるとどうでしょうか?

 

「はい、本格的な包丁さばきは自信はありません。ですが、以前飲食店でアルバイトではありますが、勤務していたこともあり基本的なことは使えます。」

 

こう答えるとぐっと印象に違いがでますよね。

 

経験が無いとしたら似たような類似業界で経験を積みましょう。するとチャンスは必ず生まれます。

 

「面接対策してる?」してないならアドバイスを受けよう

企業に入るにはどうしても面接の壁を超えることはできません。

 

面接対策は絶対にやっておいた方がいいです。

 

面接というのは質問に対し適格に上手く答えることも大切です。

 

しかし最もアピールしなければいけないのは人間性です。

 

「真面目」「誠実」「嘘をつかない」「礼儀正しい」など交換を生むような人間力をアピールできるような対策を講じましょう。

 

 

高卒の転職が厳しくないと言える明快な理由

 

では次に「なぜ高卒の転職が厳しくないと言えるのか?」について書いていこうと思います。

 

時代は急速に変化しています。ワークスタイル、ライフスタイルが本当に変化しているんですよね。

 

大企業が安心という神話は完全に崩壊していますし。

 

5年後には「あの大企業があっという間に吸収合併されもんね」など当たり前のように会話に出ていると思います。

 

それほど激変期なので、ある意味で大チャンスと言えます。

 

転職サービスが充実している

まずは転職サービスが充実していることです。

 

転職サービスとは企業と求職者を繋ぐサービスのことを言います。

 

  • DYM
  • リクルートエージェント
  • マイナビ

などが代表的な転職エージェント会社ですね。

 

ハローワークに行き、応募し、履歴書を書き、面接へいくなどという時代は化石化しつつあります。

 

転職エージェントはには様々なサービスがあり、求職者を様々な角度からバックアップしてくれます。

 

  • 自己診断
  • 履歴書添削
  • 面接対応
  • 年収交渉

などどんな人にもチャレンジできる環境が整えてありますからね。

 

大手転職エージェントを紹介している記事がありますので、是非参考にしてみて下さい。

 

関連記事

総登録者4万人が選んだ転職サイトを紹介(絶対に登録したいサイト4選)

続きを見る

 

一流大学以外に意味はないことを世間が認知している

既に多くの企業は大学に意味は無いことを理解しています。

 

有名大学は別物ですが、一般的な偏差値の大学出身者を特別扱いはもちろんしません。

 

大学を出ることを否定はしていません。むしろ僕が人生を巻き戻せたら大学は行きます。

 

ですが、高卒だからと言って全く悲観する必要なんてないですからね。

 

それよりも強い熱量や諦めない精神力を持っているなど内面的な強さを欲している企業なども多いです。

 

全く諦める必要はありませんよ。むしろ自信を持ってほしいぐらいです。

 

ベンチャー企業は大卒など欲していない

近年のベンチャー企業は完全な実力主義へと変化しています。

 

高卒にも実力がある人は多くいると考えることは普通ですし、求職者を大卒以上にすることに意味をなさないことも理解しています。

 

むしろ中卒でもいいので能力が高い人材が欲しいと望んでいます。

 

結果を出せる人材が今後は確実に飛躍します。そして需要が広がり引っ張りだこになるますよ。

 

【まとめ】高卒者が転職が厳しいと言われる情報は古い!

 

これだけ平等を求める世の中で入社基準を大卒に絞る企業は衰退していくと予想します。

 

堀江貴文さんなど日本を代表する著名人も「大学は行く意味はない」と答える方は増えています。

 

これだけインターネットが発展し、情報が民主化した中で大学卒業のみに価値がつくことは少なくなっています。

 

話をまとめると高卒だからといって諦める世の中は確実に無くなっているということです。

  • この記事を書いた人

タケヒサ

【この記事を書いた人】 大の営業嫌いからスキルを身に着けインセンティブ含め年収850万までになりました。営業スキルを最短で上げる方法を発信中。 営業とwebライターの相性が良いことに気づきwebライティングの勉強を始める。Twitterフォロワー5000名。

-転職の話

© 2021 営業に嫌われた男のセカンドキャリア Powered by AFFINGER5