「営業やめとけ」と話す人の99%は営業で挫折した人です

「営業は難しいぞ」「営業なんて役ただないぞ」と話す人の99%が営業に挫折をした人の意見であり、ここまで参考にならない意見はありません。

社会に出て何も挑戦していない人が「世の中そんな甘いもんじゃない」という訳のわからない理論を言う人がいますが、それに似ているんです。

「営業なんてやめとけよ」なんて僕は思いませんし、絶対に営業の経験は積んでおいた方が今後に必ず役に立つと思っています。

もし営業職がなくなったとしても、培った対人関係スキルは必ずどんな場所でも必要になります。

意味のない、根拠のないアドバイスは本気にせず、自分の芯を持ちましょう。

そして僕は営業への挑戦は心の底から応援しますね。

では、本日の記事では「営業なんてやめとけ」と言う人の間違い訂正と営業が出来るようになるとどれぐらい人生が変化するのかなど書いていこうと思います。

営業の挫折者と貫徹者の違い

僕は営業マンとして生業としてやっていますが、営業の仕事をしたいという人を増やしたいし、辞めたいと言う人は否定しません。

「営業やめとけ」という意見を話す人は間違いなく営業で挫折を経験し退職をした人ですね。

上司から嫌な思いをさせれらた経験もあるのでしょうし、セールス力が低く会社にいづらくなり結果対退職をしたのではないでしょうか。

「営業をは面白いぞ」という人は営業で人生を変えた人です。

年収は倍になり、営業成績も優秀で社内でも重宝されている存在なのでしょうね。そんな人は営業の仕事を本当に楽しく語って来れます。

しかし違った形で営業の仕事をやめとけと話す人もいるんですね。

それは優秀だけど、常に売上に向かって真面目に働き続けるタイプで営業に疲れてしまったタイプです。

そんな人はある意味で営業はやめとけを話しますね。

では、このページにたどり着いている人は営業職に何となく不安を感じていたり、営業力に自信がなかったりするんだと思います。

僕が想像する営業なんてやめておけと検索する人の思考の誤解を解いていこうかなと。

営業をやめておけと話す人はどのような経験を積んできたのでしょうか。

①営業で成績を作れなかった

まずは営業はやめとけと考える人の中に営業力に自信が無い人が多いのです。

営業に自信が無いとどうしたって仕事を続けられないですから。

過去記事に営業の自信を失ってしまったケースを書いたものがありあす。仕事ができない営業マンはどんな思考をしているのか?

こちらの関連記事には仕事ができない営業マンの思考を書いていますので仕事に不安を抱えている人にはプラスな記事になると思います。

営業力に自信が無いということは営業成績が悪い人でしょうから、もし営業にネガティブなイメージを持っているとしたら根本から考え方を変えるといいですね。

②営業で人間関係に悩んだ

営業についてあまりよく思っていない人の中に人間関係で悩んだ人というのが一定数います。

同僚と関係性を上手く作れなかったり、上司と上手く仕事が出来なかったのでしょう。

自分の売上成績と人間関係の狭間で悩まされ営業なんて絶対やらない方がいいという思いになる方もいるようです。そんな人間関係で挫折を経験したのかもしれません。

ストレスを抱えた営業は上手くはいきません。営業職は社内での関係性も大切にしながら仕事を続けなければいけない職種の一つですね。

関連記事「営業マンはストレス耐性をつけなさい!」は嘘の理由

③ノルマに追われ辛かった

日々のノルマに追われることが辛くなり「営業は辞めた」なんて人は結構多いです。

向いていないなどではなく、単純に成績に終われる日々から逃れたかった。

僕は工場勤務から営業職へ変わりましたが、中には営業からのノルマから離れるべく営業から工場へ変わった人などもいますね。

関連記事営業に向いていないから辞めたい時のベストな判断は?

営業への進路に迷っているが、どうしたらいい?

営業はやめとけと言われながらもどうしたらいいのか悩む方もいると思います。

僕も営業について周りに意見を求めた時に営業は最高だよと答える人はまずいませんでした。

やっぱり苦手な意識をもつ人って多いんですね。

では、営業をしたいけど不安があるという方はどのような選択をすれば良いのか?

僕なりの答えを書いていこうと思います。

解決法①:まずはトライしてみる

僕はまずは未経験な状態でも、営業に興味があるとしたらやってみることが大切だと思います。

関連記事「営業が未経験でかなりの不安」を乗り切る秘訣を紹介にも不慣れながらも営業職を続ける秘訣を書いていますので、是非参考にしてみて下さい。

不安はあると思いますが、こればかりは事業所で大きく変わります。

凄く働きやすい環境もありますし、お世辞にもいい会社とは言えないところもあります。

もし「ここは何か違うな」と思えばすぐに転職することもありだと思いますし、常に自分にあった環境を選ぶことはスキルアップにも非常に重要です。

自分の中でしっかりと答えを出し、チャレンジしてみてもいいと思います。

解決法②:向いていないと感じればすぐに転職をする

営業に入っても上手くいかず、挫折を経験することがあるでしょう。

そんな際は転職をすればいいと思います。転職は決して挫折ではなく「自分には営業が向いていなかったんだ」と答えが出た進歩の一つです。

転職は悪でも何でもありませんし、ストレスを抱えながら仕事をして体を壊す事の方がよほど残念なことです。

しかしこればかりはやってみないと分からない。行動せずの後悔よりもやってみて合わなかったと分かる方が悔いは残りません。

まずは挑戦してみることを僕はおすすめします。

「営業なんてやめとけ」は信用せず自分の意志に従おう

いかがでしたか。

営業へネガティブな回答をする人は、ネガティブに感じる体験をした人です。

そんな人から「営業は辞めといたほうがいい」との助言はポジティブな意見はまず出ないでしょう。

親心から心配で助言をしているかもしれませんが、人生は自分で決めるもの。何よりも後悔の残らない働き方を目指すことが僕は正解なのではないかなと思います。

やりたいことは率先してチャレンジする。僕はそう思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

【この記事を書いた人】 大の営業嫌いからスキルを身に着けインセンティブ含め年収850万までになりました。営業スキルを最短で上げる方法を発信中。 営業とwebライターの相性が良いことに気づきwebライティングの勉強を始める。Twitterフォロワー6000名。