プレゼント企画

ライン@にて「売らない営業術」をプレゼントしています!詳しくはこちらで!

セールスの話

営業で培ったスキルで収入を2倍にした話

2021年7月16日

では、プレゼントPDFの続きです。

 

まだプレゼントを受け取っていない方はこちらからどうぞ。

「人間心理を追求した結果を出す営業力」へようこそ!

 

営業で培ったスキルで収入を2倍にした話をお送りします。

 

多くの方は、

 

「年収500万超えるって結構レベル高くない?」

 

「というか、学歴ないし無理でしょ?」

 

「でも年収を上げるチャンスがあるなら挑戦してみたい」

 

など、現実と理想の間でもがいている方もいらっしゃると思います。

 

PDFの冒頭でもお話ししましたが、僕は現在年収は850万円ほどです。恐らく来年は1000万台も見えてくるかなと。

 

前々職の工場勤務からすると約2倍です。

 

サービス業の時よりも2.5倍です。

 

数年で人生はガラッと変わるんですよね。それも急速に。不思議なほど。

 

いや~、今が一番モテててます!(笑)

 

収入が上がるメリットは、

 

心理的な安心の確保、ストレスフリーで買い物ができる、デート、遊び、交流などでお金を使うことにストレスが無いなことなんですよね。

 

他にもタクシーなど普段なら我慢してきたことが気軽に利用できるなどメリットですね。(豪遊はさすがに出来ませんが)

 

周りに話をしても「いいな~、人生変わったね」なんて言われたりもしますが、別に難し事をしているわけではありません。

 

やっていることはシンプルです。

 

セールススキルを上げる × 給与の高い仕事へ着く =収入が2倍

 

例えば、

スペシャル工場職員になりました。でも給与が少ししか上がりません。

 

これは当たり前の話なんですよね。理由は業界の収入が低いからです。

 

大体の想像はつくかもしれませんが、定額制の職場でスキルを磨いても給与は大きく上がることはありません。

 

職場内で突出してスキルや技術はあったとしてもです。

 

決してスキルで給与が全て決まるわけではないという絶望に襲われた瞬間でした。

 

スキルと需要がマッチングしなければ、収入を大きく増やすことはできないことが分かりました。これが年収の仕組みなんだなと。

 

スペシャル工場従業員と下級銀行マンでは後者の方が収入は高いのが現実だったりするんです。

 

これはアパレルなどでも全く同じ現象が起こります。

 

僕は鞄の販売をしていたのですが、販売成績はそこそこ良かったんです。しかし、時給はMAX上がった時でも100円ぐらい。

 

結果を出すことイコール収入が増えることではないんですね。

 

365日で人生変えることって可能

365日あればコツコツ貯金することだって可能ですし、自己投資をして自分を成長させることだって可能です。(僕は貯蓄よりも収入を増やす方がメリットはあると思っているタイプです)

 

30代の金融資産の平均は約360万円です。

 

コツコツ貯金をしていくことは人生において大切なことです。急なケガや事故にあって仕事が出来なくなった時、守ってくれる物はやっぱりお金ですしね。

 

しかし、人生が最も充実する時間は20代、30代です。

 

そう、お金を最も使いたくなる時期と重なるんですよね。

 

身体は元気で自由に遊びまわれる。多少の寝不足でも仕事はがっつりできる。

 

青春と呼べる時間は意外と少ないんですよね。

 

膝が痛い、腰がぐねっと曲がった状態で旅行とか行きたくないじゃないですか。

 

高血圧を気にしながら美味しいもの食べたくないじゃないですか。

 

やっぱり20代、30代はがっつり稼いでがっつり遊ぶべきだと思うんですよね。

 

貧乏から億万長者には365日ではなれませんが、現状の賃金を倍にすることぐらいは全く無理なことではありません。

 

セールススキルを身に着けて実績を出し、優れた転職サービスを活用すればあっという間に人生は変わります。

 

営業で培ったスキルで収入を2倍にした話

僕は過去に沢山の業種を経験しました。

 

飲食、工場、DVDレンタル、アパレル、営業...

 

元々はダメ人間で、仕事をしてもすぐに辞めてしまうタイプでした。

 

何をしても長続きしないんですよね。飽きちゃって。

 

でもお金は稼ぎたい。もっと自由に人生を過ごしたい。

 

そんな欲求を抱えながら過ごしていたんです。

 

お金を稼いで豪遊したいわけじゃないんです。とにかくストレスを抱えない人生を送りたかったんです。

 

  • 仕事が嫌なら休める状態になる
  • 転職しても即戦力になれる自分になる
  • 年々人脈が拡大する職業
  • 自由に働ける職場

 

こんな人生を送りたかった。

 

考えた挙句、セールス業界になりました。

 

そして1年もすると、年収はかなり増えました。

 

お金を稼げる業界へ行き、同時にスキルを磨いていく。

では、本題です。

 

僕がこれでもかってほどおすすめするセールス業界。

 

営業職などが当てはまると思いますが、営業のスキルを身に着けると転職はハードルの高いものではなくなってきます。

 

ロンドンブーツの敦さんが広告塔になっているベンチャーセールス。

HPの画面です。

転職後の平均年収は603万円です。

 

僕に当てはめるなら転職後すぐに200万の年収アップです。

 

働く場所変えるだけで200万給与が上がるわけですから面白いものですね。チャンスはいくらでもあるってことですね。

 

ベンチャーセールスのページを貼っときますね。無料で使えるサービスなので気軽に相談してみるといいと思います。

 

ベンチャーセールス公式サイト

 

ベンチャーセールスは20代限定のサービスになっています。

 

他にも30代でも40第でも利用できるサービスはトップページで紹介しているので気になる方はどうぞ。年収800万クラスのものもあります。

 

セールスが嫌いって一日1万円捨ててることと一緒ですよ。

セールスを嫌う人って結構多いですよね。

 

無理矢理人に売ったりすることを嫌いに感じたりする人ですよね。

 

けれど、僕からするとセールスを嫌うことは毎日1万円捨てることと同じように見えます。

 

「営業ってシンプルにきつい」

「営業は向いていない人がやると地獄」

「テレアポばかりやるってもう精神的に疲れた」

「人に物を売りつけるって罪悪感がする」

そんな意見が多いですが、実は優秀な営業マンほど上手くサボりストレスなく成績を残している事実があります。

 

固定客を数十件ほど抱え、数年経てば代替え商品を販売したり。

 

関係が強くなると集客をしなくても既存のお客が「○○に頼んだからいいよ」とお客を紹介してくれます。

 

繰り返しになりますが、スキルが高い営業マンほど楽な仕事をしています。

 

この辺りの解消は僕のPDFにて解消できることは理解できると思います。

 

プレゼント企画はこちら

 

営業が嫌いって方は営業のスキルを身に着ける前に、上司に詰められたり、圧迫感を抱いてしまい退職してしまうというジレンマに陥ったのでしょう。

 

しかし、トップ営業になればなるほど、実は安定した職業とも言えるのです。

 

で、結局この文章を読んでどうしたらいいの?

はい、僕の理想としては最短でお金を稼ぐ為にも営業スキルを身に着けてほしいと思っています。

 

しかし、どうしても営業が嫌と言う方は他の仕事を探してもいいと思います。

 

仕事を探す基準はお金だけではないですからね。

 

僕の意見が「面白いなぁ」「なるほどな!営業への捉え方が少し変わったな!」って方などは是非Twitterにでもメッセージいただけたら嬉しいです!

 

Twitter⇒https://twitter.com/take_sales01

  • この記事を書いた人

タケヒサ

【この記事を書いた人】 大の営業嫌いからスキルを身に着けインセンティブ含め年収850万までになりました。営業スキルを最短で上げる方法を発信中。 営業とwebライターの相性が良いことに気づきwebライティングの勉強を始める。Twitterフォロワー5000名。

-セールスの話

© 2021 営業に嫌われた男のセカンドキャリア Powered by AFFINGER5