天才営業マンは存在するのか?いや、学びが天才性を引き出すのだ

営業術の話
タケヒサ

【この記事を書いた人】
大の営業嫌いからスキルを身に着けインセンティブ含め年収850万までになりました。営業スキルを最短で上げる方法を発信中。

営業とwebライターの相性が良いことに気づきwebライティングの勉強を始める。Twitterフォロワー6000名。

タケヒサをフォローする

「自分は営業に向ていないかも。あの人みたいに天才的な営業で売上を爆発させたい」そんな夢や希望に溢れたことが誰しも一度はあると思います。

僕は営業において大切なことは何を学ぶかだと思っています。周りを見渡しても学びや努力が眠っている天才性を引き出すのです。センスはあっても努力しなければセンスは磨かれません。

また今回の記事での重要ポイントですが、学ぶにしても正しい努力をしなければいけません。

間違えた努力や勉強を重ねてしまうと返ってセンスが埋まってしまう可能性すらあります。

今回の記事では学びを重ね「天才」と呼ばれる営業マンになるにはどうしたらいいか?について書いていこうと思います。

その前に優秀な営業マンの特徴も合わせてご覧ください。

関連記事優秀な営業マンの特徴とは?

営業の天才の表面だけを真似てはいけません

何をもって天才営業マンと言うかは分かりませんが、出来る営業マンは天才的な才能を持ち合わせていると感じてしまいます。

しかしそんな才能溢れる営業マンも実は多くの失敗を積み重ねています。沢山の経験を全て血肉として営業に活かしています。

そんな経験値豊富な天才に見える営業マンの表面上の行動だけを見ることは非常に危険です。

営業センスがある人の表面だけを真似してはいけません

彼らが適当にこなしてる仕事を見た際に「この部分は適当にやってもいんだ」と思ってしまう傾向があります。影響力のある先輩を真似ることが多い僕たちが注意したいところです。

営業の成績が優秀な人が力を抜いているように見える箇所も「なぜ適当にやっているんだろう?」と考えながら仕事を観察しましょう。

仕事の表面だけではなく、奥にある思考、目指している景色をしっかり捉える意識も持ちましょう。

営業の天才になるには場数が必須【マジで大切】

後に書ていますが、営業の天才になるには何が必要か?

それは圧倒的に場数です。営業は圧倒的に経験がもの言う世界です。(全てとは言いませんが)

センスだけで営業の仕事である程度のレベルまで成功している人もいます。

手前味噌ではありますが、僕がその一人です。(笑)

僕は営業の仕事を始める前から結構な自身はありました。成績が優秀なわけではありませんでしたが人と話をすることは好きだし、営業は自分に向いていると思っていました。

先輩からも「お前は営業向いているな」なんて言われて少し調子に乗っていたことも。

そんな時って何やっても上手くいくんですよね。

ひょいっと飛び込み営業したところで商品が売れちゃったりとかしましたし、何故か分かりませんが上手くいくことが多かったんです。ビギナーズラックと言うやつでしょうか。

関連記事トップ営業マンの1日。僕の知る敏腕セールスマンは無駄がない

センスだけではいつか落ちていく。天才はいないと確信

しかし、一定の期間が終わると地獄の始まりです。商品が売れなくなってくるのです。

しかも売れなくなっていくのに、なぜ売れないのか理由が分かりません。

「いつもなら売れるのに」と僕は不思議に思っていました。これがセンスだけに頼ってしまう落とし穴です。

売れない理由もわからなければ、売れる理由も分からないのです。

ただ才能とセンスだけで売っていた自分は結局、頭打ちしてしまっていたんです。

天才と言うのは一定の才能と間断なき努力から出来上がる物です。本当にただのセンスだけで売れるほど営業は甘くはなかった。

結局、センスだけではダメなんです。

では、何が大切なのか?僕が思うのは場数です。

これに尽きる。圧倒的な場数が天才営業マンになる為の最短距離です。

天才営業マンになるための場数3選【絶対に押さえて欲しい】

結局、努力が自分を守り成長させることが分かった僕は、着実に学び実力をつけて成長していきました。

どんな天才も努力無くしては才能を100%伸ばすことは出来ないわけです。

努力の天才になることが前提ですが、ではどうやって自分の才能を伸ばすにはどうしたらよいか?

天才営業マンになるための正しい努力を書いていこうと思います。

①現場の場数を徹底的に踏むこと

場数を多く踏むこと。これは天才性を発揮するためには必ず必要です。

実力のある営業マンはとにかく場数を踏んでいます。

では場数って何?ってことになると思いますが、あらゆる場数です。(笑)

  • 対人関係の場数
  • 商談の場数
  • 失敗の場数

この3つを特に重点をおいて場数を踏んでください。

1つめは対人関係の場数です。

対人関係の場数は自分の才能を開花させるには必ず必要になります。

営業先に「コイツ絡みにくいなぁ」と思う人が現れた場合にペースを乱されたりすることって結構あります。

どんなタイプの人でもノンストレスで話が出来る人というのは営業成績のかなり優秀です。

反対に多くの営業マンが辞めたいと感じるのは人間関係の問題や対人関係が上手くいかないことにストレスを感じるわけですからね。

営業には人たらしのような能力は必ず必要になってきます。

②商談の場数

次に商談の場数です。

相手が何を考え、どんな目的で、どんな課題を抱えているのか?を常に営業マンは考えなければいけません。

これは経験と共に数分話せばある程度分かってくるようになります。

理由は簡単で過去に同じ悩みを抱えているサンプルが山ほど生まれてくるからです。

コンビニでレジのバイトで働いたとします。

始めは現金での売買をしていましたが急に「電子マネーでいいですか?」と言われた。

「扱い方がわからない」と困惑する。

電子決済のやり方を教えてもらい次には対応できるようになる。

すると「メルカリ郵送お願いします」とお客がくる。

「え?やり方わからない」と先輩に教わる。

メルカリの郵送に対応できる自分になる。

これって全て経験です。自分がセンスがあるとか無いとかじゃなく「知らない」んです。

だけど自分が体験することによって確実に対応できる幅が広がる。

こんな感覚ですね。

③失敗の場数

次は失敗の場数です。これも非常に大切。

ノーミスに見える天才営業マンも実は過去に何度も失敗をしています。

失敗はその時は恥ずかしかったり落ち込んだりと色々としますが、結局は自分を救ってくれる大切なきっかけになるんです。

多くの人は失敗したくないと感じるかもしれませんが、僕として逆です。

失敗した数ほど経験が豊かになり成功の本質が見えてきます。実はどんどん失敗していった方が得だったりするんですよね。

【まとめ】天才営業マンはいない。努力の土台が天才を作る

いかがでしたか。

僕は多くの営業マンと関わってきましたが、天才営業マンには出会ったことがありません。

天才とは努力をせず、才能だけで登っていく人のこと。

天才に見えるあの人は、実は努力の天才だったりしていました。

関連記事営業マンの努力の先には貴重な需要のある人になる

自分は向いていないと感じる人が、がむしゃらに努力を重ね社内NO1営業マンになった例は沢山あります。

天才は努力の土台があってこそ、自分の中に眠る天才性が発揮されるということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました