営業マンはブログを書こう!確実に需要あります。

タケヒサも使うおすすめ転職サイト

僕は2021年1月から本格的にブログをはじめたのですが、営業マンはブログとの相性がすさまじく高いと思っています。

自分の営業スタイルが頭の中だけでなく文字にすることで見えてくることは大きいです。

しかも誰かにシェアされ営業で悩む方に何かしらの力になる場合もある。これって素晴らしいことですよね。

将来的にはアフィリエイトなどにも繋がるかもしれませんし、ブログを売ってもらえませんか?など夢のある話に発展していくとだってあります。

今回の記事では営業マンはブログを絶対にやって方がいいですよという内容でお届けしようと思います。

営業マンのブログは需要が高い?

営業マンは十人十色で性格も違えば、取り組み方も違うため他人のブログは非常に参考になります。

他人がどうやって営業のスキルを高めているか?なんてことも需要があることが分かり、実際にやってみて本当に求められていることなんだなとつくづく思いますね。

ちなみに僕の営業に関するブログでの代表作はこちらです。

ぐらいが代表作ですかね。

これは営業のいろはをまとめたものなのですが、現在はまだ記事を公開して1ヶ月ほどしか経っていません。

なのでアクセスもそんなに集まりませんが、この記事はかなり力を込めて書いたものなので今後大きなアクセスを集めると自信を持っております。

営業マンは他人がどうやって営業活動をしているのか?

もっと言うとトップ営業マンはどのような戦法で営業しているのか?という内容はかなりの需要があると思いますね。

では、次にどのような内容を書くことが書いていこうと思います。

営業マンの需要①思考の整理

営業の活動をしているとどうしてもアウトプットする機会が少ないことです。

  • 自分はどんな営業をしているのか?
  • 営業手法は確率されているか?
  • ロジカルな思考が出来ているか?

営業に求められるスキルをブログを使ってあえて文章にすることで自分の脳内が可視化します。

すると見えてくることもあり、改善点なども明確になるでしょう。

改善点が見つかれば次はどのようなスキルが求められるのか?などテーマにして書くことで今後の営業プランも計画的に作ることができます。

まさに営業マンとブログの相性がばっちしなことが分かりますね。

営業マンの需要②営業の需要

今後は営業という仕事は需要はどのように変化していくのか?などはかなり大きなテーマでしょう。

  • 今扱っている商品は今後の需要はあるのか?
  • 未来はどのような商材が需要が大きくなるのか?

など営業マンとしては気になる内容です。

そんな重大なテーマを書くことで多くの人に読まれ、現在の仕事で頭打ちしている人などに有益な情報となることもあるかもしれません。

営業マンの需要③初対面からクロージングまでの手法

冒頭にも書きましたが、皆さんはどのような売り方をしているのか?

これは僕もそうですが本当に気になります。

他のブログを見ていると「なるほど!その手があったか!」なんて発見はザラにあり、そんな方は結構なPV(閲覧数)を稼いでいるのではないでしょうか。

僕もこのブログでは自信の営業スタイルをオープンにしています。

関連記事【初級から応用まで】効果絶大な営業トークのコツを紹介!

など営業トークから飛び込み営業のコツまで幅広く書いています。

まだブログ自体は始めたばかりなので、これから更に幅を広げていきたいと思っています。

営業マンの需要④失敗例の勉強

営業に需要が多い内容に失敗例というのがあります。

変なトークをして相手を怒らせたとか、約束していた時間を過ごして遅刻してしまいどうなったかとか需要が高いですよね。

実際に僕も失敗した内容はブログでよく見たりします。

「へ~、こんな失敗もあるんだ」と勉強できれば自分に置き換えて未然に防ぐことにも繋がるかもしれません。

僕はまだ失敗例は現時点で書いていませんが、これからは書いていきたいと思っています。

営業マンの需要④収入の話

営業とひとくくりにしても種類は沢山あります。

新規営業、ルート営業、固定給、歩合制など内容が違えば給与体系も違うと思います。

せっかく営業職についているなら他の職種だと「いくらぐらいもらってんだ?」と気になりますよね(笑)

僕もブログで営業マンの給与はよく調べたりしますし。

【まとめ】営業ブログで営業が大好きな人を増やしたい

僕が営業ブログを書く最大の理由は営業を心底楽しい職業だと思っているからです。

営業は難しい職業ですので悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。

営業の醍醐味である売れた瞬間の楽しさ、自社商品を使ってもらい企業の課題解決が実現する。こんな体験せず退職をしてしまうのは非常にもったいない話です。

退職してしまう後輩を沢山見てきましたので、僕は日本中に似たような悩みを抱えている方が多くいらっしゃるんだろうなと感じているので僕はブログを作成しています。

是非たまに遊びに来て頂けると嬉しいです。


タケヒサおすすめ転職サイト

会社のは適正ですか?もっと多くもらう可能性はありませんか?

僕は転職活動を行う上で常に知りたかったことです。

「自分の価値はどれぐらいなのかと」

自分の評価をしっかりしてもらえれば収入は大幅に増えるかもしれない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

【この記事を書いた人】 大の営業嫌いからスキルを身に着けインセンティブ含め年収850万までになりました。営業スキルを最短で上げる方法を発信中。 営業とwebライターの相性が良いことに気づきwebライティングの勉強を始める。Twitterフォロワー6000名。