プレゼント企画

ライン@にて「売らない営業術」をプレゼントしています!詳しくはこちらで!

営業術の話 転職の話

遊びのような仕事は今でもすぐに実現できるよねって話。

2021年3月10日

[box class="glay_box" title="こんな悩みを解決"]遊ぶように仕事がしたい!これって贅沢な悩みなのかな?[/box]

[aside] 記事ポイント

  • セールスマンは遊びのようなもの
  • パターンを学べば実は余裕
  • 君もセールスマンにならないかい?[/aside]

以上の内容でお届けします。

僕はセールス業界にいますが、ぶっちゃけ遊びのような感覚です。

売りたい時に売り、インセンティブ収入を得る。僕にとっては最高に自由な働き方です。

セールス業界6年目ですが、年収は850万にまでなりました。

セールスってある程度のコツさえ掴めば遊びのように商品を売り遊びのような収入を得ています。

驚きのスピードで世界観が変わるので、僕としてはセールスという働き方に出会いラッキーだったなって凄く思います。

販売の業界は非常にシンプルです。

会社が作った商品を自らの足で出向き、欲しい人を見つけ購入してもらうだけです。

購入してもらえば後に商品をリピートしてもらい、継続的に収益を作っていくわけです。

ある程度セールススキルを身に着けるまでは時間がかかりましたが、現在となっては楽しく働いている結果になっているのでよしとしますかね。

遊びのような仕事は管理労働では難しい

僕は以前は工場勤務でしたが、時間の管理がかなり厳しいわけです。

朝の8時から始まり17時まではどうあがいても会社にいないといけないわけです。

体は疲れるし、何より現場にいないといけないって超ストレスだったりするんですよね。

どうしたら解決できるのだろうと考えるとやっぱり業界を変えないといけないなって思ったわけです。

もうちょっと具体的に書いていきましょうか。

遊びのような仕事は道楽ではない

僕たちが楽しそうに見える職種にyoutuberなどがあげられると思うのですが、実際は不安定だと思います。

一発逆転の可能性はあるとは思いますが、実際の安定というのは1部の人でしょうね。あまりにも勝算が低すぎる。

趣味でやる程度なら全然いいと思いますが、ああいうエンターテインメント=遊びと考えているとしたらちょっと考えを改めた方がいいかもしれませんね。

毎日動画を投稿するってのはなかなかの重労働ですよ。新米youtuberが毎日生まれる中で結果を出すってかなり難易度高いですよ。

youtuberは遊びを仕事に見せることが仕事ですからね。

ブルカラーでは自由は得られない

ブルーカラーの仕事。工場や製造業などは自由とはかけ離れています。

僕も工場勤務の時代はとにかくストレスが溜まりまくっていました。こればかりは合う合わないもあるでしょうし、その人の性格などもあると思います。

唯一の楽しみは同僚の仲間との休憩時間のみ。そこで馬鹿話して「午後から頑張ろうか」とまた仕事をする。

時間型労働ではいつまでたっても自由ってないんですよね。

常に時間に縛られ、やりたいこともやれずただただ時間が過ぎることだけを待つのは僕は耐えられなかった。

こんな生活があと40年続くと思うと震えが止まらなかったですよね。

収入が低ければ自由は無い

次に収入の面です。

工場などで仕事は給与形態は大体決まっています。

正直、僕は未来への希望を失っていました。どれだけ努力をしても自分の生活にお金で余裕が生まれる時はないのだろうと思っていました。

余裕が生まれるとしたらボーナスが出た時だけ。ちょっとしたご褒美を自分に買うだけでした。

好きならいいのです。自分がこの仕事が好きでやりたいのなら。

しかし、遊ぶように仕事をするという僕の夢からの理想はかけ離れていました。

やることはいつも同じ。仕事から帰るとヤフーで検索をする。

「仕事 給与 高い 職種」

後々書きますが、学歴の無い僕がチャンスを掴めるのはセールス業界しかなかったのです。

70歳まで同じ労働が続くことは僕は怖かった

工場で働いていた頃の同僚は平均が45歳ほど。

僕はこの人たちを見ながら「残り何十年もこの仕事を続けていくのか」と考えると恐怖でした。

僕の友人は自分と同じ年くらいの友人と遊ぶように仕事をし、仕事が終わるとみんなで飲み会へいく。

しかも、上司から誘われる嫌々ながらの飲み会ではなく、可愛らしい20代の女性社員が参加をする飲み会でした。

「俺も行きてー」と叫びながら指をくわえ同僚を見ている自分が情けなく感じました。

しかし、転職をすることで僕に天気が訪れたのです。

確実に人生を変えた瞬間でした。

セールススキルというポータブルスキルを身に着けよ

「僕は起死回生の勝負に出ます!」と決めて、転職にチャレンジしました。

登録したのはマイナビ営業 AGENT

営業専門の転職サイトです。

3ステップほどで簡単に登録は終わるのですが、普通にハローワークで仕事をしていても絶対に出会うことのない仕事を紹介してもらえます。新たなチャレンジを試みる際にハローワークに出向くこと、履歴書の作成など面倒な面倒な手間暇は避けたいですからね。

僕も過去に心機一転、目標年収を設定しチャレンジし、楽しく仕事をする為にリスタートを切った記憶がありますよ。

確実に言えることは企業にそこそこ高い収入で雇われながら自由に仕事をし、余った時間で新たなチャレンジや遊びに全力で楽しむのが最も安定していてストレスなく過ごせるというのが僕の結論ですね。

販売力という普遍的なスキル

先ほどポータブルスキルを身に着けようと書きましたが、ポータブルスキルとはどこへ行っても使えるスキルのことです。

例えば工場勤務をしていた僕は違う業種へ行くと0からのスタートになってしまうということです。今まで積んだ経験は全く何の役にも立ちません。

しかしセールスという人に物を売り対価を得るというスキルはどこへ行っても通用するスキルです。

営業もできれば、アパレルでも、スーパーでも、保険営業でも何だって通用します。だって商品が変わるだけですからね。

このスキルを身に着けるともう遊びのような感覚で仕事ができます。

ストレスはほとんど無いし、月初めにバッとある程度の商品を売ってしまえば残りの20数日間は自由ですからね。

セールスはそのような事由が聞いたりします。

遊びながら結果をだし、遊びながら安定を取る

これが働く姿の理想形であると思いますが実際は難しいとは感じます。可能性は極めて低い。

それなら今の仕事を楽しくかつ、遊び感覚を取り入れ働くことが理想なのではないかと思います。

「経営者になって自由に働くぞー!」と思う人もいるかもしれませんが、経営者は常に売上を考えなければいけません。24時間仕事のようなものです。

メンタルへの影響も考えると会社員として楽しく働き余暇でやりたいことやるって感じですね。

その理想は僕はセールス業だと思っています。

先ほど紹介しましたが、早く素早く理想の会社を紹介してくれるとしたら、僕は転職サイトを利用することが一番早いと思います。

簡単に登録できて、また自分が探している条件を伝えると、担当の方が必死に見つけてくれますからね。

次にサイトの紹介をしていきます。

遊びのような仕事を実現するために絶対に抑えておきたい転職サイト

1位 マイナビエージェント

マイナビエージェントは転職サイトの王道です。IT業界に強い。進行形で勢いもあり利用者が急増していると聞きます。僕が思う他の転職サイトとの違いは、転職を身近に感じるところ。他サイトは敷居が高いというか、外資などのハイレベルな求人サイトの印象が高く、自分に自信のない僕にはハードルが高かった。マイナビエージェントは取っつきやすい転職サイトではないでしょうか。

マイナビエージェント公式サイトは→マイナビエージェント公式サイト

2位 doda

dodaは業界最大の転職エージェントです。業界最大だけあってサポートの強さや情報量まで多彩な転職サポートを受けられます。

また書類作成や面接対応までサポートしてくれるため、人気の高いサービスになっています。

doda公式サイトは→dodak公式サイト

3位 リクルートエージェント

リクルートエージェントは求人件数NO1の転職サイトです。抱える求人件数も圧倒的に多く利用者の6割近くが年収アップを実現している。またポイントとして20代〜30代の方に

リクルートエージェント公式サイト→公式リクルートエージェント

【まとめ】遊びながら働くことは夢ではなく、誰でも実現可能

いかがでしたか。

僕は楽しく働くことを諦めませんでした。だって仕事は人生の多くの時間を注ぐ場所ですから、仕事が楽しくないと人生詰んだも同然です。

楽しく働くことを目指すことは悪いことではありません。

むしろ目指すべき場所かなと思います。

仕事と人生はあまりにも深く関わっているので「やべー、面白れぇー!」と言える人生見つけたいですね。

  • この記事を書いた人

タケヒサ

【この記事を書いた人】 大の営業嫌いからスキルを身に着けインセンティブ含め年収850万までになりました。営業スキルを最短で上げる方法を発信中。 営業とwebライターの相性が良いことに気づきwebライティングの勉強を始める。Twitterフォロワー約5000名。

-営業術の話, 転職の話

© 2021 営業に嫌われた男のセカンドキャリア Powered by AFFINGER5