プレゼント企画

ライン@にて「売らない営業術」をプレゼントしています!詳しくはこちらで!

営業術の話

「営業が未経験で不安です」を確実に乗り切る秘訣を紹介

2021年1月14日

[box class="glay_box" title="こんな悩みを解決"]営業未経験です。正直言ってかなり不安なのですが、大丈夫でしょうか。営業を乗り越える秘訣か何か教えてほしい...[/box]

[aside] 記事ポイント

  • 不安ポイントを潰していく
  • 不安を乗り越える具体的な方法
  • ぶっちゃけすぐ慣れる[/aside]

以上の内容でお届けします。


Twitter(https://twitter.com/take_sales01

「営業未経験の状態で仕事するってかなり不安なのですが」

「営業って怒鳴り散らされるイメージがあって怖い」

「強面な先輩が一人はいるって聞くし」

営業の未経験者が実際に業務にかかると不安は大きいと思います。

僕も営業職につき6年経ちますが、未だに新人の頃の緊張感や不安感は鮮明に覚えています。

今ではいい思い出ですけどね。(笑)

結局不安の状態を心理分析すると「未知だからこそ不安」なのですよね。

不安が倍増しネットで調べると「ノルマがキツイ、上司に詰められる」などネガティブが多数。

不安は大きいと思いますが、僕の感想を話すと実際に営業をやってみると難しい面もありますが、得るものの方がダントツで多い職種です。

また不安を乗り越えた暁には出会ったことのない自分に出会うことになります。

「え?俺ってこんなに能力あったの?」みたいな。しかも成績が良いと給与もいいです。

営業には他の仕事では得られない人間力が養われます。

今回の記事ではそんな営業を未経験で不安に感じている人へ不安を解消する方法を書いていこうと思います。

営業未経験に多い不安要素とは?

誰しも不安はありますが、一体どんな悩み要素があるのピックアップしてみました。

まとめてみたので自分にも当てはまるか見てみて下さい。

  1. まず営業にどんな知識が必要なのか不明
  2. お客とどんな会話をしたらいいのか分からず聞き手に回ることが多い
  3. 顧客に気に入られるか不安
  4. 3ヶ月契約が取れないとクビになる?

こんな不安が多いようですね。

それでは一つずつ解決していきましょう。

①:まず営業にどんな知識が必要なのか不明

僕も営業ばかりしているので感覚が麻痺している部分がありますが、未経験の方からしたら謎が多い職業ですよね。

では、営業に必要な知識とは何を指すのか?

ざっくり書くと企業担当者などと関係性を作っていき、自社商品を紹介し、購入してもらうことです。未経験だと難易度が高く感じるかもしかもしれませんが、こればかりは経験を通して成長していきます。

営業で必要な知識というのはあるようであまり無いと言った方が正確かもしれません。

あまりにも実践で学ぶことが多くあり、経験値によってスキルアップしていきます。

これはしておいた方がいいという項目の一つに「商品知識を学ぶこと」です。机上での学びで出来ることは商品の知識や価格の設定などが挙げられます。

この辺りについては営業マンの努力の先には貴重な需要のある人になるに細かく書いています。

②:お客とどんな会話をしたらいいのか分からない

こちらが営業で最も不安な内容の一つかもしれません。

お客との会話はロールプレイングなどある程度スキルを磨く方法もありますが、実際の営業現場は雑談力など商品の知識以外に必要とされる会話術も沢山あります。

なんせ雑談などはロールプレイングでは学べませんので、普段から会話のネタを集めるなどの対策が有効かなと思っています。

お客との雑談は信頼関係を大きく関係します。

雑談力を制する者が営業を制すると言えるほど重要って方もいますしね。

③:顧客に気に入られるか不安

お客との対応は会社の看板い代表していくわけですから、やはり不安要素は沢山あるのは当然です。

過度に気に入られようとする思考は返ってマイナスになる可能性さえあります。

お客の言うことを全て聞くことが正義でもありませんし、御用聞き営業マンになってしまうと疲弊してしまいます。

お客目線に立ちヒアリングする中で、相手にとってベストな行動を取った上で気に入られないなら取捨選択することも視野に入れましょう。

営業は好かれるよりも嫌われることを恐れた方がいい職業ですからね。

④:3ヶ月契約が取れないとクビになる?

未経験の場合、営業は契約が取れないとクビになるイメージがあると思います。

実際に労基法などでクビになるとは思えませんが、やはり成績が出ないと居づらくはなると思います。

というのも、営業は仕事を取ってくるからこそ価値のある仕事。

ラーメン屋で言うラーメンが無いと言っていることと同じですからね。

営業の成績が悪い人が「給与泥棒だな」なんて言われることは間違えではないのです。

しかし未経験で営業職につき多くの契約を取れるとは上司も思っていません。

取ってきてくれたらラッキーぐらいの感覚でいるでしょう。

僕も始めは先輩からサポートを受けながら契約を決めました。

始めから一人で営業に出て契約を成立させることはハードルが高いです。無理とは言いませんが、やはり先輩から営業手法を教わることは非常に大切ですね。

また始めの3ヶ月は色々とあります。「自分は営業に向いていないんじゃないか」と悩むこともあるでしょう。

腹が立つことや、苦しいことや、悲しいことなどあるかもしれませんが、頑張ってみて下さい。

関連記事:質問の仕方を高め営業先の反応を3倍上げる方法

営業未経験の不安を払拭する手段とは?

では次に「未経験の不安を払拭するにはどうしたらよいか?」についてですが、大切なことなので書いていこう思います。

強く伝えたいことはこの未経験ゾーンを超えると凄く楽しい時間が待っているということを。正直言って営業以外は受け付けなくなりますよってぐらいです。

ではこの辛い未経験期間をどう乗り越えるのか?について書いていこうと思います。

①:失敗も経験!まずは営業を自分の肌で体感しよう

まずはテクニック的な話ではなくメンタルの話に近いかもです。

未経験から入社したらとにかくがむしゃらに働きましょう。これだけは絶対にです。

「一生懸命働く人」という印象は内外共に効果を発揮します。

例えば社内でも「あの人は一生懸命に働くよ。将来が楽しみだね」と思ってもらえる働きをしましょう。

そうすると社内で価値が出てきます。すると思いもがけない案件を受けたり、仕事が生まれるとあの人に任せようと周りから信用が生まれます。

これは社外でも同じで一生懸命する人は信用されます。

営業ではどうしてもテクニックが注目されますが、懸命に働くからこそテクニックは活きてきます。

営業の未経験で不安な方は、まずは真面目に会社に誠意を尽くしていくことから始めましょう。

この辺りの営業のコツについてまとめてみたのでご覧ください。

完全攻略!営業のコツを1ページに全部まとめてみたです。

②:やれる仕事はどんどん引き受けること

次に未経験の仕事は手探り状態からスタートします。

となると、仕事の質を求めることも大切ですが、量も同時に求めましょう。

量をこなすことで仕事の質は高まります。

PRESIDENT Onlineで橋下徹さんが出演した記事で仕事の量をこなすことで質が高まるというお話しがありました。

橋下徹「仕事がつまらないと愚痴る人に共通すること」
引用 PRESIDENT Online

営業に不安を抱えている方に見て欲しい仕事術です。

不安なら気持ちが解消されるまで仕事の量をこなしましょう。するといつか「これは前も経験したな」と不安が起こらなくなってきます。

不安の根源は「未知」ですから、失敗の経験でも必ず役に立ちます。

③:優秀な先輩の真似をしよう

営業未経験者はまずは優秀な先輩の動きを見ましょう。

優秀な人は何をやっているのか?どんな作業をしているのか?は非常に勉強になります。

先ほどの②とも重なる部分がありますが、何よりも経験を積んでいくことです。

場数を踏むことは自分を必ず成功へと導いてくれます。

ちなみに営業未経験の方には以下項目を学びましょう

  • 顧客とのアポの取り方
  • アポの後の準備
  • 商談のコミュニケーション
  • アフターフォロー
  • 新規飛び込み営業のやり方

ぐらいを中心に学んでいけばいいと思います。(思いつけばまた追記します)

優秀な人から盗みしっかりと営業の土台を作っていければ後はいくらでも自分の気持ち次第では売上も作っていけるでしょう。

関連記事:優秀な営業マンの特徴とは?

④:上司や同僚と良好な関係を作ろう

最近はSNS上でも「上司との関係とか無意味」みたいな風潮って結構あるんです。

けど、上司と仲がいいというのは非常に素晴らしいことです。

僕は上司と仲がいい方が単純に職場にいて楽しいし、やりがいなども感じます。

「俺は俺、上司は上司」みたいな孤立した思考ってのは営業マンにはあまりフィットしないんじゃないかと思います。

上司と仲がいいと何がいいかと言うと情報が沢山入ってくるようになります。

情報は大げさかもしれませんが、営業の経験だったり、仕事へのアドバイスしてくれることもあります。

ゴマをするってことはおすすめしませんが、良好な人間関係を作ることはやったほうがいいですね。

関連記事:社内営業が上手い人は得することが多いことは間違いない

営業の不安を乗り越えた後には高い需要が待っている

では本日のメインですが、未経験から脱出し営業職が馴染んでくると次のステップです。

基礎を固めた上でオリジナルな営業手法が見えてきて、社内NO1の売上を目指していくことだと思います。

歩合制の給与なら収入も大きく上がりますし、仕事がどんどん楽しくなってきます。

あの苦手だった飛び込み営業も何の問題もなくクリア出来るようになり、もっと言うと楽しく感じてさえきます。

初心者を乗り越え結果が生まれることで変化することは大きいんですよね。

どこに行っても通用する仕事術

営業で安定して結果を出せるようになると、転職先も増えてきます。

実績もそうですし、根拠ある営業手法を持っている人材は企業にとって欲しい人です。

近年はフリーランス営業という働き方もある。

とにかく営業が出来る人はどこへ行っても通用するようになっているわけです。

その為にも営業マンとして適当に仕事をやるのでなく、せっかくやるなら価値ある営業マンを目指して活動することがいいと思います。

需要が高まる営業業界

現在営業マンの需要は高まっています。全体では営業マンの人口は減っていますが、業界にもよりますが求人は増えている傾向にある。

転職をしても扱う商材が変わるだけですから、一人前になると自分の目指す営業職スタイル、業界を追求してみてもいいかもしれませんね。

【まとめ】営業の未経験からくる不安は能力と人間関係で乗り越える

いかがでしたが。

未経験から営業職につくのは不安だとは思いますが、慣れてくれば問題ありません。

まずは営業マンとしてスキルアップを目指し、未経験から脱出しましょう。

また社内の人間関係を大切にし一生懸命仕事をし、周りから信頼を集めましょう。

営業の仕事は本当に素晴らしい仕事です。離職率が高い仕事の一つでもありますが、周りの意見は気にせず自分を信じて頑張ってみて下さい。

  • この記事を書いた人

タケヒサ

【この記事を書いた人】 大の営業嫌いからスキルを身に着けインセンティブ含め年収850万までになりました。営業スキルを最短で上げる方法を発信中。 営業とwebライターの相性が良いことに気づきwebライティングの勉強を始める。Twitterフォロワー約5000名。

-営業術の話

© 2021 営業に嫌われた男のセカンドキャリア Powered by AFFINGER5