プレゼント企画

ライン@にて「売らない営業術」をプレゼントしています!詳しくはこちらで!

営業術の話 転職の話

「営業がやりたい」そんな人の需要はますます増えていく

2021年1月3日

[box class="glay_box" title="こんな悩みを解決"]営業マン人口は減っているって聞くけど、営業の仕事は今後無くなるの?でも求人は増えているって聞くし。[/box]

[aside] 記事ポイント

  • 営業にはどんな仕事がある?
  • 業界未経験でも就職できる可能性は?
  • おすすめの業界はどこ?[/aside]

こんな内容でお届けします。

「営業がやりたいんです!」と熱い思いで求人を探している方がいますが、業界によっては営業の需要はますます増え営業職へ就ける可能性は大きくなると思います。

結論から申し上げると「営業がやりた!」という人はこれからますます需要は増えることは間違いないです。

営業と言っても種類もありますし何を選んでいいか分からない方もいると思います。

また「営業って未経験でも出来るの?」など気になることが沢山あると思います。

営業の仕事には最高の魅力があり、楽しさが隠れており、ビジネスの本質が詰まった最高の仕事です。僕は営業の仕事は最高の仕事だと思っています。同じ仕事をする仲間が一人でも増えればいいなぁなんて思っています。

今回の記事では営業の仕事をやりたいと思っている方へ書いていこうと思います。

営業をやりたいけど、どの業界がおすすめ?

営業の仕事にも色々と種類が業態があると聞きますが、どんな営業職があるのかあまり知らない人っているんですね。

「営業なら何でもいい!」と思っているとしたらちょっと今回の記事は読んでほしいですね。

これから記事内で紹介しますが、業界や内容が違えば収入も大きく変わりますし、今後の需要も変わってきます。

では、営業にどんな種類があるのか見ていきましょう。

大まかに分けた営業の種類

  • 新規営業
  • ルート営業

大まかに分けると、この二つの営業スタイルがあります。

です。

営業の仕事言っても幅は広く内容も違っており、よく「営業でおすすめの業界はどこですか?」と質問を受けることがありますが、何をもっておすすめかにもよります。

<給与形態>

  • 歩合制
  • 固定給

<お客>

  • 個人営業
  • 法人営業

給与形態の違いだけでも大きな違いです。

「固定給25万円」と「固定18万円+インセンティブ」では長い目で見た時に大きな違いがでますよね。僕も実際に働いてみてインセンティブ形式が向いていることが分かりました。

働いてみてどちらが自分の性格に合っているか、イメージしながら探してみるといいと思います。

また法人営業か個人営業かにも違いはあります。

個人営業は保険や証券などが主流です。営業スタイルも個人と法人では大きく違い、提案書などアプローチ手法にも違いがでます。不動産などマイホームの購入なども営業ではありますが、最近ではプル型に変化していますからね。

この辺りの営業については関連記事がありますので、ご覧ください。営業とは?基礎から応用まで1ページで完全解説

次に法人営業ですが、個人と違い会社が相手です。相手情報をヒアリングしながら会社となるときっちりと資料を作成します。

ちなみに僕は個人、法人営業とどちらも経験していますが、圧倒的に法人営業の方がおすすめです。

規模が全く違いますし、扱う金額も違います。金額の大小が面白い基準ではありませんが、やりがいも大きいですね。

やりがいが大きいということはその分だけ苦労もありますが、スキルを磨くチャンスなんです。個人の場合は何とかごまかして営業を行う人も多いですが法人営業の場合は相手も仕事なので交渉は難易度を増します。

ガチのセールスマンになりたいと考えるなら法人営業がいいですね。他にも収入面で多く稼ぎたいのであれば歩合制の給与形態を選ぶことをおすすめしていまし、楽しさの面では新規飛び込み営業などもおすすめです。

自分の成長、スキルを求めるなら個人営業よりも法人営業が断然おすすめです。

何を基準にして考えるかでどのような営業職につくのは変わります。

営業がやりたい人は「まず自分がどんな営業職をしたいのか?」を明確にするといいです。

未経験でも営業職につけるの?

営業の経験があるとないでは経歴に差が出るのは当然ですが、経験が無くても営業がやりたいという気持ちが強いことが大切です。

僕は面接をする立場でもあるのですが、採用時の基準は経験が豊富であればあるほど望ましいのですが、実際に話をした際の雰囲気は非常に大切ですね。

面接ではどんな対応がベストなのか?

人間的に明るくハキハキした、爽やかで人当たりの良い人は、実際に営業の経験が無くても採用する確率は十分にあります。

経験が十分にあってもを面接をした際に暗く、ネガティブな発言が多い人は採用したくありません。経験は大切ですが、ただ勤務をしているだけでも勤務経験は長くなります。

特に20代や30代は営業の経験も大切ですが、好印象を与えらえれる人は未経験でもまだまだ営業職につける可能性は高いです。40代に入るとちょっとキツイと思いますが。

営業の仕事はテクニックなど大切な職種ではありますが、何もよりも「お客さんの役に立ちたい」という気持ちが何よりも大切な仕事です。

営業職へのチャンスはありますので、是非どんどん応募してみてはいかがでしょうか。

営業職のおすすめ業界は?

ここからは僕が今から営業をするならこんな業界に行きたいと思う業界を書いていこうと思います。せっかく営業職についても楽しくない仕事内容についてしまってはもったいないないです。

出来れば未来に需要がある営業職につけることが理想だと思います。

次の記事→営業職こそが真の安定である理由

  • この記事を書いた人

タケヒサ

【この記事を書いた人】 大の営業嫌いからスキルを身に着けインセンティブ含め年収850万までになりました。営業スキルを最短で上げる方法を発信中。 営業とwebライターの相性が良いことに気づきwebライティングの勉強を始める。Twitterフォロワー約5000名。

-営業術の話, 転職の話

© 2021 営業に嫌われた男のセカンドキャリア Powered by AFFINGER5