転職の話

今をときめくDX営業を紹介します!

2022年1月13日

DX営業は皆さんご存知ですか?

 

現在若手ビジネスマンが本気で転職を狙う熱い市場がDX産業です。人気急上昇中なジャンルで今後も需要拡大は間違いないイケてる職種ですね。

 

簡単に説明するとDXとはデジタルトランスフォーメーションの略でアナログの世界をインターネットと繋ぎ世の生活をより豊かにしていくことです。

 

今後あらゆるものがインターネットと繋がるってことですね。アナログからデジタルに変わるための作業のお手伝いですね。

 

近年はインターネットの発展であらゆるものが急速にデジタル化しています。

 

DX産業の業務事例を紹介

「説明を聞いてもいまいちDX産業の意味が分からない」という方もいらっしゃると思いますので、次に業界事例を紹介します。

 

DXと言っても幅が広いのですが、事例を紹介しますね。

 

金融業界

まず簡単な例でご紹介すると金融業界です。

 

ここ数年で皆さんもキャッシュレス化が急速に進んでいませんか?

 

コンビニで買い物をしても現金で支払うことなく、スマホで電子決済を活用し支払いを済ませていると思います。この「現金→電子決済」の流れも一つのDX産業です。

 

こんなことも感じると思います。

 

以前はコンビニやすき家など大手チェーン中心の電子決済が「ここでもpaypay使えるようになったんだ!」と猛スピードで電子決済できる箇所が増えていることを。

 

そうなんです。電子化の波は急速なスピードで広がっているんです。

 

しかも猛スピードで。

 

支払いはスムーズに終えられるようになり、購入したものもアプリを確認すれば一覧できる。

 

素晴らしい世の中への貢献ですよね。

 

アプリでの洋服購入

皆さんは洋服を購入するのに以前はお店に行っていたけど、アプリでちゃちゃっと購入することが増えていませんか?

 

「一度購入したらサイズ感が分かるから二度目の購入はネットで買おう」という方も多いのではないでしょうか。

 

アプリを見ると服を着たモデルが動き出し自分が着用したイメージをしっかりと作ることができ店頭まで行かなくても届けてくれる。凄く便利ですよね。

 

これもインターネットの発展で着用したイメージができるからこその技ですよね。

 

ZOZOスーツなどもあります。スマホで自分の体形を撮影して測定。すると自分の体形が数値化され体形に合った洋服をピンポイントで見つけることができます。

 

多くの産業がDX化していきます。

二つの事例を紹介しましたが、他にも福祉業界、旅行業界、医療業界、行政関係、セキュリティ関係などあらゆるものがDX化していきます。

 

便利な世の中ですよね。素晴らしいことで、よりよい世の中が待っていそうですね。

 

なぜ「若手ビジネスマンにDX産業が人気があるのか?」

次に若手ビジネスマンになぜDX産業が人気があるのかを書いていこうと思います。

 

このページの本題になります。

 

近年で急激に需要が拡大する将来性がある市場

先ほどから繰り返していますが、急激に変化する世の中がアナログからデジタル化しています。拡大に合わせニーズも急増しています。

 

そうなると需要と供給のバランスを追いついていません。DXの営業マン、マーケティング、エンジニア、コンサルティングは特に需要が増えています。

 

求人サービスdodaでも約7000件の求人数があります。

 

 

全国で7000件の求人ですが、それにしても多い業種ではあります。

 

この拡大の流れは更に加速することは確定なので興味のある方は応募してみてもいいかもしれませんね。

 

DX産業に強い転職サイトは、

DX産業に強い転職サイト

 

興味のある方は転職エージェントの方にお話しだけでも聞いてみてもいいかもしれませんね。

 

高収入が見込める市場であること

次のポイントは高収入が見込めることです。

 

基本的にIT業界は実力主義の会社が多く、成果を上げる人には高い収入を支払う企業が多いと感じます。

 

ただ会社に勤務するという目的観の無い人よりかは、向上心が高く常に新しい世界へ進みたくなる向上心の高い人などは向いているでしょうし、高収入を見込めるチャンスは多いです。

 

また需要が拡大しているため、一度経験を積みスキルを身に着けることでスキルを活かした横展開への転職などにも有利なことが若者への人気の理由の一つです。

 

学歴関係なくスキルがあれば戦える市場であること

先ほど実力主義と書きましたが、IT業界は求人なども学歴不問の会社も多く実力さえあればどこでも活躍できるのが特徴です。

 

世の中は学歴社会の崩壊がスタートしているので、僕は良い傾向だと思っているのですが、学歴に自信が無い人は得に絶好のチャンスだと感じる方も多いのではないでしょうか。

 

僕は高卒ですが、営業の世界は特に実力主義の会社が多いです。ましてIT業界は学歴社会の壁は低いので人によってはIT時代は大チャンスを迎えているではないでしょうか。

 

今いる会社で「転職を考えている」「今の仕事へ将来性を感じない」という新しいものが好きな方などは、こちらのサイトを見てDX業界を勉強してみてもいいかもしれませんね!

 

【まとめ】DX産業はまだまだ拡大し、人材需要は拡大し続ける。

「何となく仕事が楽しくない」「もっと毎日に刺激が欲しい!」「需要のある将来性のある会社へ転職」など現状に打開策を考えている方にはDX業界も選択肢の一つとして見てほしいなと思います。

 

それほどチャンスがゴロゴロ落ちている業界なので。

 

今回紹介したDX業界が人気である理由に、

  • 需要が拡大する将来性のある市場である
  • 高収入が見込める
  • 誰にでもチャンスがある学歴が関係ない世界である

コロナをきっかけにDXは更に加速を見せると思います。コロナに巻き込まれて仕事が減るどころかむしろ増える業界です。動くならいまかもしれませんね!

 




  • この記事を書いた人

くろ柴

くろ柴です。営業マンをしています。営業ノウハウ、転職についてなどについてブログを書いています。

-転職の話

© 2022 DX営業部 Powered by AFFINGER5