【毎日更新中】インスタグラムはじめました!サクッと読めるビジネス知識を発信中!

営業に向いている血液型って?血液型よりも自分を知れる価値観診断も紹介

お知らせ

本ページはプロモーションが含まれています。

こんにちは!今日は、「営業職と血液型の関連性」についてスポットを当てていきたいと思います。

あなたは血液型が営業職にどのように影響するか気になったことはありませんか?

営業というと、人と接することが多く、コミュニケーション能力が求められる職業。

そんな営業職には、特定の血液型の人が向いているという話をよく耳にします。

しかし、本当に血液型が営業の成果に関係あるのでしょうか?

この記事では、血液型ごとの性格特徴と、それが営業職とどのように関連しているのかを掘り下げていきます。

また、自分の血液型を生かした営業戦略についても考えてみましょう。

それでは、血液型の世界に少し足を踏み入れて、営業職との意外な関連性を探ってみましょう!

目次

一般的に言われる血液型の性格を見てみよう!

では本題ですが、営業に向いている血液型は何でしょうか?

世で言われている血液型の性格を個別に見ていきましょう。

友達になる人が妙にAB型が多かったり、やっぱり血液型の相性ってあると思うんですよね。

A型の特徴

A型は日本人に一番多い性格と言いますが…

A型の特徴
  • 真面目
  • 几帳面
  • 責任感が強い
  • 組織的で几帳面、責任感が強い
  • プランニングや計画的な仕事、ルーチンワークをこなすことが得意
  • 過度なストレスや完璧主義に陥りやすいとされ、柔軟性に欠けることがある

O型型の特徴

O型は最も明るい性格が揃っていると言われていますが…

O型の特徴
  • 明るい
  • 人見知りなく話せる
  • いつも一定の感情を保っている
  • 社交的で陽気、リーダーシップ能力がある
  • 人とのコミュニケーションや協力、リーダーシップをとることが得意
  • チームでの協力が得意
  • 時には衝動的な行動をとりやすいとされ、細かい計画を立てるのが難しい

B型の特徴

B型は個性が強いと言われていますが…

B型の特徴
  • 個性が強い
  • 裏表がない
  • ありのままの性格
  • 自由奔放で創造的、冒険好き
  • 新しいアイデアやアプローチを考え出すことが得意
  • 柔軟性があり、変化に適応しやすいとされています。冷静な判断ができる
  • 時にはルールや規則を無視する傾向があるとされ、注意深く計画を立てることが難しい

AB型の特徴

AB型は日本でも最も数の少ない血液型ですが…

AB型の特徴
  • 天才型
  • 面倒な人間関係が嫌い
  • 矛盾した特性を持つとされ、創造性と合理性を兼ね備えることがある
  • 問題解決や調和を取ること、多様なアイデアを結びつけることが得意
  • 柔軟性があり、異なる視点から物事を考えることができます。コミュニケーション能力も高い
  • 過度な矛盾やストレスに苦しむことがあるとされ、意思決定が難しいことがある

それぞれに傾向性があり、何となく理解はできますよね。

知り合いの性格タイプをみても「あ~、分かる~」って当てはまる人もいます。

では、世間一般で言われる血液型と仕事の関係について見て見ますか。

血液型と仕事の関係

では、全ての血液型と向いている職種を見てみましょう。

世間的に言われている、向いている仕事ですね。

全血液型に向いている仕事ってなに?

A型に向いている仕事
  • 教師
  • 会計士
  • 看護師
  • 図書館員
  • 研究者
O型に向いている仕事
  • 経営者
  • セールスパーソン
  • パイロット
  • 警察官
  • スポーツコーチ
B型に向いている仕事
  • 芸術家
  • ミュージシャン
  • 冒険家
  • フリーランスの起業家
  • エンターテイナー
AB型に向いている仕事
  • コンサルタント
  • 研究者
  • ライフコーチ
  • 講師
  • デザイナー

このケースで見ると、営業に向いているのはO型のように感じます。

でも、他の血液型が本当に営業に向いていないのか?も疑問ですね。

衝撃の事実!血液型と性格には因果関係なし!?

「心理学から見た、血液型と性格の関係。」との記事がヤフーニュースから出ています。

https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/f28a0bcdd7ad3c384f4eb692963b4f3f407cc535

要約すると、心理学の観点から血液型と性格は何の関係もないそうです。

自分の血液型に詳しいのは日本ぐらいで海外では全くエビデンスが無く、自分の血液型を知らない人も多いそうです。

「遺伝子、育った環境、学習内容で性格は決まる」が正しい解釈

性格が決まるプロセスは遺伝子、育った環境、体験したことなどがあいまって性格は決まるそうです。

自由に育てられると「組織に属することが嫌」という性格になるかもしれません。

例えば、常に親に管理されてきた性格であれば「自分の意見を言えない人」になるかもしれません。

世に言われるA型のタイプなどを耳にすることで、バイアスがかかり「自分はA型っぽい」と感じるのかもしれませんね。

他にも、AB型だと「自分は天才型なんだ」とバイアスが自信に繋がり、実際に結果が出ているという説もあります。

営業に向いている性格(血液型)は?

一見すると、O型っぽいですが、それだけで決められるほど人間の心や才能は図れないことがわかりました。

血液型のせいで好きなことを諦めるのは、もったいないですからね。

血液型と自己診断テストの併用が自分を深く知れる!

僕がやるのは自己診断テストです。

最近の自己診断テストはとても精度が高く、自分のことを深く理解できます。

僕は自己診断の結果、やっていた仕事が向かない仕事に入っていました。(笑)

何となく働いて「楽しくないな」と感じていたため、診断を受けてなるほどなと妙に納得しましたね。

これからのキャリアの作り方は自分を知ることがとても大切なのだと実感しました。

「何に喜びを感じ」「何をされるとストレスを感じるのか」な性格を仕事に活かす上で知ることはとても大切です。

仕事に関しては適職診断が精度が高い

僕がオススメするのは過去の記事で紹介したこちらの診断です。無料でできるので一度やってみた方が良いと思います。すごく自分のことを理解できますよ。

例えば、僕の場合は上から管理をされると、とたんにやる気をなくすモチベーションが下がるという性格みたいです。

そう考えると働く環境選びは大きく違ってきますよね。

これが本当に当たっていて、職場全体に勢いが出ていても上司から管理命令が出ると途端にやる気がゼロになってしまいます。

適職にハマると本当に強い

これまで血液型の適職について書いてきましたが、自分の性格と仕事が相性が抜群になるとどんなことが起こるのかについて紹介して行きたいと思います。

毎日が刺激的で楽しくなる

僕が得たメリットは刺激が多いことです。

僕は性格上、毎日同じことを繰り返す業務内容が合いません。そのため毎日が刺激的であることに喜びを感じます。

これは性格によって違いが出ますが、僕の場合はストレスが圧倒的に減りました。

過去は工場に勤務していた経歴がありましたが、そのまま同じ職業に勤めていたら僕の人生は終わっていたかもしれません。

反対に今の営業職というのは自分のとてもあっています。また職場環境も変に命令されることなく自分の自由にできるので本当に毎日楽しいです。

自分の適職は体験で変わる。常にキャリア診断は受けるべき

僕は事故適性診断を強くお勧めします。自分のことは自分がよく理解していると思いがちですが、案外理解していないことがわかります。

潜在的な能力や自分が求めている欲求など細かな部分が自己診断テストでわかるので、血液タイプよりも的確な適職診断ができます。

今後のキャリアづくりは自己診断テストのような科学的なツールを取り入れる職場選びが当たり前になりそうな予感です。

自分が楽しく毎日を生きるためには自分の特徴を知ることが不可欠だからです。

適職診断を取り入れ、自分に合った最大のパフォーマンスが披露できる職場環境をぜひ見つけてください。

営業パーソンの専用転職エージェントもあるので相談もあり

最近は自分が目指したい職業の特化型エージェントが多数存在します。

僕がいいなと思うのはSQiL Career Agentです

こちらのエージェントは営業に特化しており、キャリアカウンセリングを行ってくれます。

血液型についても、自己診断などについても合わせて相談するとより良い答えが返ってくるのではないでしょうか。

転職エージェントは個人情報も見てきた経験があると思うので、どのようなタイプがどのような仕事に向いているのかがはっきりするはずです。

公式ページにも書いてありますが、じっくり話を聞き自分にはどんな仕事が向いているのかを細かくヒアリングしてチューニングしながら仕事を見つけるので、安心して転職が実現できるのではないでしょうか。

営業に向いている川血液型よりも自己診断をするのがベスト!

今回の記事では営業と血液型の関係について紹介して行きました。

ただ近年の科学では血液型と性格は関係無い事がわかっており、血液型の得意不得意は信憑性が低いと考えていいかもしれません。

それよりも自己診断を行ない自分の育ってきた環境や背景バックボーンなどを軸とした転職活動をすることが近代的なやり方です。

ただしどんなテストも100%はないので、営業に向いてるかどうかは転職エージェントや転職サイトを参考にしながら自分の適職を見つけることが良いかもしれませんね。

僕は感じるのはこれからの時代は適職診断ツールなどを使い自分に向いている仕事を見つけることが当たり前の時代になると踏んでいます。

ぜひ皆様の適職に見つかることを願ってます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

34歳。繊細営業マン。営業6年目。

自身の繊細さを嫌っていたが、自分との向き合い方のコツを理解し、営業成績が飛躍的に伸びる。飛び込み営業から人脈形成まで100社以上へアプローチしてきました。

後輩の育成から誰でも営業スキルを爆発的に上げる方法を考案し、ブログにて発信しています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次