メンタル 転職の話

「34歳は転職が決まらない?」理由は転職方法が非効率だからです。

2021年6月18日

にゃー子
33歳、34歳あたりで転職って不安が大きいですよね。転職しても決まらない気がして。

 

くろ柴
どうも、くろ柴です!

転職と一言で言っても幅があります。経験あり、未経験、好き、嫌い、年収の上下、業界の市場など多様です。

ですが、結論を言うと上手くやれば特に問題ないかなと思います。

今回の記事ではそんな30代の転職事情について最もリスクのない選択を書いていきます。

 

キャリアの骨格を決める34歳の転職

20代ではまだ仕事に対するフットワークも軽く感情に流されながら転職を繰り返す世代と言えますが、30代に突入すると途端に世間の風当たりが強くなります。

 

結論として最も働き甲斐のある職場を選ぶことが僕は必要なのではないかなと感じます。

 

理由は30代に嫌いな仕事をしていては幸福度は下がるし、フットワークも重たくなります。

 

僕は30代での転職である程度の道は決めるべきだと考えています。

 

充実した会社員生活は30代に宿り、また30代の活躍で40代、50代が決まります。

 

僕は30代はキャリアには重要な年だと考えていたので力を入れて働いています。

 

くろ柴
30代は会社員生活を送るうえではかなり大切な年生に入るよね。

どこで働くかは本当に慎重に考えた方がいいよ。

 

34歳の転職おすすめを早く見たい方はこちら

 

34歳のねらい目な転職市場

転職に必要なことは客観視です。

 

自分が面接官の立場として考えてみましょう。すると新しい視点が見えてきます。

 

業界未経験。34歳と年齢はいっているが、やる気のある若々しい見た目。そして爽やか。

 

こんな人が面接へきたら「年齢は多少言っているけど、まぁ試してみる価値は十分あるな」と思えるでしょう。

 

反対に

経験あり。見た目は髪はボサボサ、太っていて表情は暗く、覇気がない。

 

こんな人が面接へきたら「経験はあるようだけど、ちょっと難しいかな」と判断されるでしょう。

 

経験、未経験は確かに重要です。実績はあるに越したことは無い。しかし人間力、見た目、社会性など生きる上での本質も非常に重要な判断材料と言えます。

 

そう、狙い目な市場というのは確実に存在するということです。

 

くろ柴
現に僕も面接をすることがあるけど、未経験である程度年齢を重ねていても背水の陣というか、やる気に満ちあふれているとチャンスをあげたくなるんだよね。

 

相手によっては経験よりも仕事に対する熱量を大切にする企業は存在するし、30代と言っても社外の人には分からないし関係ない。

 

年齢と企業の取引は何の関係もないわけです。

 

営業に来た人が年齢が34歳の未経験だから「うちは契約しないよ!」なんて聞いたことないですからね。(笑)

 

34歳が実は需要があると言われる理由

34歳とは世間的に言えば若くはありません。

 

だからこそのメリットって実はあるんです。

 

それは「辞めないこと」です。仕事に対する思考も成長しています。20代の頃のように嫌なことがあるとすぐに辞めて転職するという選択は少ないわけです。

 

くろ柴
会社として避けたいのはすぐに転職をされてしまうことです。

 

辞めることは本人の自由ですが、中途採用で背水の陣として入社を考えている人は需要がまだまだあると言えますね。

 

これは僕も面接をする時に凄く感じることです。

 

また社内でも「辞める、辞めない」はいつも選考基準になります。

 

家庭を持っていたり、小さな子供を育てていたりするとフットワーク軽く仕事を決めることはできません。

 

そんな家庭持ちの人間力が高そうな人がいるとしたら是非勤務してほしい企業は沢山あるでしょう。うちにも欲しいぐらいです。

 

できれば今までの経験を活かした業種がベスト

転職を考えるなら今までに経験のある分野で年収が高い求人へ転職することが最もベストな判断なことは間違いないです。

 

くろ柴
出来るのであれば経験のある職業を選んだ方が転職的には有利になるよね。

けれど、今の仕事に理由があって転職するわけだから違う業種にも挑戦したよね!

 

近年は経験を活かし、より高い年収を得られる転職活動を行う人が増えています。

 

僕の場合だと経験を積んだ営業を活かして更に自分を高く買ってくれる場所へ移動する感じです。

 

野球のFA宣言と似ています。同じ野球をするけども、阪神から巨人へ移籍し阪神時代よりも年俸をもらうみたいな感じですね。

 

決まらない転職活動をやめて内定をもらう具体的な方法を紹介!

では今回のメインテーマであるリスクのない転職活動について書いていきます。

 

これは転職を上手く行う人の9割が実践している方法です。

 

くろ柴
次の会社も決まらずに「辞めます!」と伝えるのはリスクが高い。

 

転職活動は水面下で効率的にやることがおすすめだよ!

 

これがベストで王道!転職エージェントに複数登録する

これが王道であり、ベストな選択です。

 

無料でリスクもなければ手間暇もなく効率的に転職活動を行うことができます。

 

なぜ効率的なのかと言うと、

  • エージェントが自己分析をしてくれ
  • 自分に合った求人を見つけてくれ
  • 年収交渉をしてくれる

転職に関わる不安な要素を全て転職エージェントが解決してくれるからです。

 

現時点で数十万人が利用しており、今後はスタンダードになる転職方法ですね。

 

転職エージェントには大企業から人気企業まで幅広く案件を持っているので使わない手はないですね。

 

転職サイトも求職者に仕事を見つけることが仕事なので必死に探してくれます。

 

ちょっと連絡の頻度が多いなと思えば「連絡は結構です」と伝えると連絡も無くなります。

 

転職エージェントと言っても数は多くあります。例えば20代に特化したエージェント、営業職に特化したエージェントなど沢山あります。

 

今回は30代が利用すべきエージェントを紹介します。

 

30代が利用すべき転職エージェント

①DYM

おすすめ理由

  • 豊富な求人数
  • 高い顧客満足度
  • 履歴書不要のエントリー可能
くろ柴
DYM就職は転職エージェントの代表サービスだね。利用者も年々急増しているよ。

ココがポイント

キャリアに自信が無い人でも気軽に相談できるところがポイント!ハイキャリアでなくても登録できるところが人気の理由!

 

\ 簡単登録3分 /

>公式ページはこちら<

 

②マイナビエージェント

おすすめ理由

  • 豊富な求人数
  • 高い顧客満足度
  • 履歴書不要のエントリー可能
くろ柴
マイナビエージェントも転職エージェントを代表する一つだね。求人件数が半端じゃない...

ココがポイント

とにかく求人数が凄い!業界トップクラスなのでかなり高い確率で自分が望む求人に出会うと思います!

 

\ 簡単登録3分 /

公式ページはこちら

 

③就職shop

おすすめ理由

  • 豊富な求人数
  • 高い顧客満足度
  • 履歴書不要のエントリー可能
くろ柴
マイナビエージェントも転職エージェントを代表する一つだね。求人件数が半端じゃない...

ココがポイント

とにかく求人数が凄い!業界トップクラスなのでかなり高い確率で自分が望む求人に出会うと思います!

 

\ 簡単登録3分 /

公式ページはこちら

 

35歳では遅い!34歳で絶対に動くべき理由

30代に入ると一年の時間が大切になります。また数字としても一年違うだけで大きな変化です。

 

32歳と35歳ってかなり違うと思いません?

 

22歳と25歳とはまるで違って見えます。

 

それだけ少しでも早く動くべきでしょうし、転職エージェントに複数登録し行動へ移した方がいいとは思います。

 

総登録者4万人が選んだ転職サイトを紹介(絶対に登録したいサイト4選)

続きを見る

転職が決まらない人の特徴

転職活動をしても決まらない人の特徴としては以下が特徴として挙げられます。

 

  • 未経験が受かりにくい求人に応募している
  • 年収を高く望みすぎる
  • 希望職種を絞りすぎている

未経験募集をしていない

未経験がダメではないですが、募集していても採用されにくい業界はあります。

 

「未経験OK」と書いていても採用されにくい業界は辞めておきましょう。

 

エンジニア、web系、建築、経理などは経験が無い厳しいのではないかなと思います。

 

販売、営業、広告、人材系などは就職しやすいのではないでしょうか。

 

年収を高く望み過ぎている

転職を考えた時に一発で希望を叶えようとすると上手くいかないケースはあります。

 

希望条件に合わないとやりたくないと考えている人は転職は決まりにくいと思います。

 

経験豊富な業界であり、即戦力になれる人でないと転職をするとまず年収は下がります。

 

年収を上げるには一時的に年収が下がり成果とスキルで年収を上げていくことはスタンダードなので、はじめから高望みすることはやめましょう。

 

まずは年収は下がってもいいので、やりたい業界入りスキルを身に着けることが大切です。

 

お金は価値が高い人の所へ沢山集まるようになっていますからね。

 

希望職種を絞りすぎている

「自分は〇〇しかやらない!」と業界を決め、これ以上やらないと視野を狭めてしまうと転職は難しくなります。

 

しかし、どんな仕事でも積極的にやりましょうというわけではありません。自分の意思は決めることは大切ですが、一択ではなく複数の可能性を見つける努力をしてみてもいいと思います。

 

例えば、人と関わることが好きなら「営業、販売、小売り」など幅を広めてみることも大切ですね。

 

【まとめ】34歳でもまだまだチャンスあり!今からでも挑戦してみよう!

34歳と言っても令和の34歳はまだまだ若いです。

 

人生100年時代と考えると可能性など無限にあります。

 

それには積極的に行動を起こし体当たりで求人を探してもらいましょう。

 

効率的に探す為にも転職エージェントなどを活用し、自己分析をしてもらいながら適職を見つけられるようチャレンジしてみて下さい!

 

総登録者4万人が選んだ転職サイトを紹介(絶対に登録したいサイト4選)

続きを見る




  • この記事を書いた人

くろ柴

くろ柴です。営業マンをしています。営業ノウハウ、転職についてなどについてブログを書いています。

-メンタル, 転職の話

© 2021 営業に嫌われた男のセカンドキャリア Powered by AFFINGER5