同じ行動量でも会社に評価される人されない人の差

営業術の話
タケヒサ

【この記事を書いた人】
大の営業嫌いからスキルを身に着けインセンティブ含め年収850万までになりました。営業スキルを最短で上げる方法を発信中。

営業とwebライターの相性が良いことに気づきwebライティングの勉強を始める。Twitterフォロワー6000名。

タケヒサをフォローする

コロナで缶詰め状態になっていたこともあり、最近は浪費ばかりしていまいます。洋服、外食、家電、筋トレ器具などお金を使過ぎてる。反動というのは怖いですね。我慢の対局には発散という思考が隠れていることを改めて学びましたよ。

さて、本日ですが「履いて捨てるほどのスキルより、不変的なスキルを身に着けよう」というお話しです。僕が一気に役職者まで駆け上がった理由ですね。しかも行動量は変わらずです。

僕は社内政治には興味はないのですが、以外にも社内政治が好きな人って結構います。結局の話しメリットがあるから社内政治を全うしポジションを獲得するわけですが、

給与が上がる、
出世する、
待遇が良くなる(関係性)
裁量が増える=仕事が面白くなる

などなど。間違いなく一定レベルの役職は受けておくこと損はないです。さすがに部長などまでなると僕の理想とする自由な働き方からは反してしまうのでなりたくはないです。会社によりますが、僕の会社では課長はいいポジションです。

何より営業というせかせかした職種で人間関係がスムーズ且つ協力的と言うのは最高の環境です。

環境も悪いよりかは良い方がいいに決まっていますし、社内で浮いた存在よりかは認めてもらう存在の方が働き甲斐もあります。

ですが人生一度きりの大切な時間を社内政治に費やすのは賛成できないですね。これは僕の経験談なので。(本当に解放されてよかった)

僕も以前は人間関係に重きを置き人に嫌われないように振舞っていました。会社には派閥があり、〇〇派VS〇〇派など常にどうやって人を自分の派閥に巻き込むか?という職場でした。

僕は両派閥に気を使いながら仕事をしていました。怒らないし、いつも笑顔。何を言われても笑顔で「了解しました!」と返答する優等生。

そんな時間を過ごすと確かに人からは好かれます。空き時間には人の仕事を積極的に手伝い、サービス残業などもしょっちゅう。会社に貢献し自らの価値を上げるには周りをサポートし、信頼されることが大切だと思っていたからです。(だからこそ今の管理職のポジションがあるとも言えますが)

しかし本心では後悔しています。見返りを期待していたわけではないですが、人と言うのは頻繁に助けてあげると助けられることが当たり前になる。時間と共に僕は人の分まで働くことに嫌気がさしてきたり。そんな自分の本心に蓋をしながらも、内心は「いやいや、それぐらい自分でやれよ」と反抗的な自分に変化していることに気づきました。

退社した瞬間にずっしり残る疲労感。男女問わず気を使い、笑顔を絶やさない自分はかなり疲れましたね。肉体というよりかは精神疲労の比重が重い。

神経を使い人に気を使って何から何まで笑顔で過ごす。自然に笑顔が生まれる人は天性の思考を持っているなぁとしみじみ感じながらも、僕はそんなタイプの人では無いので疲労困憊。

「俺は何のために働いているんだろう」と午後の夕日をみながらたそがれました。現在の僕はこちら。

僕は色々な経験を踏んだ後に出した答えは履いて捨てるほどいる人材に価値は出ないという結論。言い方は悪いかったですが、僕が体験をしてそう思いましたし、実感しました。(経験なので後悔はしていませんが)

僕がいくら会社に尽くしても、僕じゃなきゃいけないことってないんです。細かく言うと気配り技術は上がったので人の気持ちなど余計に察するようになり営業活動にもプラスに働いたことは間違いありません。

ですが、大切なのは目に見える結果をだすスキルだと思っています。

僕はストレスで爆発しそうになる自分を変えたくて、その後は自分で仕事の成果を上げることに集中しました。仕事が終わればすぐに帰る。不必要なものはとことん削る。(もちろん、フォローもある程度はしますよ)

誰でも出来る作業ではなく「なぜ人は物を買うのか?」「買う心理はどんな状態なのか?」など売上に直結する勉強会を開いたりなど行いました。

人が物を買う心理を学ぶことで、売上を上げる若手社員も少しづつ増え、あきらかに現場に活力が湧いていることが分かるぐらいです。

僕は自分の主体性を残業フォローではなく、育成に切り替えることでみるみると社内に変化が起こったわけです。

上司からも「タケヒサ君、最近よく働いてくれてるじゃないか」と声をかけてもらったり。(いや、いつも働いてましたけど….。と複雑な心境に)

会社での振る舞い、言動、行動によって評価は大きく変わります。ただやみくもに頑張るというのは承認欲求が強すぎます。僕のようになりますよ。(笑)

誰よりもサポート精神や協調性を兼ねそろえ、フォローするということは会社にとっては最高の人材です。だが、その素晴らしい精神が伝わっていない可能性は極めて高い。それよりも企業にとっての売上をどうやって作っていくか?そのためのプロセスをどうやって生むか?と前に進むための行動に変化させることでその評価は目に見えるものになります。

自分がどのような働き方をしているのかを一度客観視してチェックしてみてもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました